テクノロジー

Clubhouse招待枠がない!枠や招待コードなしで登録する仕方【枠を使わない】

招待枠なしでも招待の仕方と招待される方法

Clubhouse(クラブハウス)の勢いが収まる気配がありませんね!クラブハウスは、招待された人しか参加することができない完全招待制のソーシャルメディアアプリで有名ですが、まだ参加できずに乗り遅れてしまった方も多いのではないでしょうか。

そんな中、「招待枠は2名までだから招待枠がない!」と聞いたことがありますか?実は、招待枠なしでも招待コードや枠を使わないで、招待したり招待を受けたりする方法があります。この方法であれば、貴重な招待枠を減らさないで誰でも招待することができますよ!

その方法は、始めたい人に事前に待機登録してもらい、その人の参加を承認する方法です。招待を受けるための事前準備から、実際に参加するまでのステップを見ていきましょう。

関連記事

クラブハウスに招待枠なしで招待されるまでの事前の条件

クラブハウスに招待される側の人は、まず以下のポイントを実行していることを確認しましょう。

もしまだやっていない場合は、すぐに電話帳への登録などを済ませてから臨むようにしましょうね。

  • 参加承認する側の人は、すでにクラブハウスを始めている必要がある。(つまり片方はクラブハウスを招待されてすでに始めている状態)
  • 参加承認する側とされる側の両方が、お互いにiPhone「連絡先」Appの電話帳に電話番号を登録している

上記の条件を事前に確認して、早速具体的な方法を見ていきましょう。

Clubhouse招待枠がない場合や招待コードなしで登録する方法【招待枠を使わない】

以下の4つのステップで登録作業を進めてください。

  1. 新しく参加登録したい人が、クラブハウスのアプリをダウンロードして、クラブハウスに事前登録(ID登録)をする。これをすることによって、新しく参加したい人は、クラブハウスアプリの招待承認されるのを待機している状態になります。(※待機画面などはありません。)
  2. 1日ほど日を空ける(事前登録がApp上で認証されるのに、おおよそ24時間ほど必要です)
  3. クラブハウスをすでに始めている人の「通知」画面の「Activity」画面に、「◯◯ is the waitlist to join Clubhouse.You will get credit on their profile for adding them, without using up an invite.Let them in?(◯◯さんは、クラブハウスの参加を待っています。招待枠を使わずに〇〇さんを参加許可しますか?)」という表記が出るので、「Let them in!」をタップします。
  4. すると、新たに参加したい人は参加が承認され、クラブハウスに招待されたのと同じように参加することができます。

上記の方法であれば、クラブハウスユーザーに付与される大切な2名の招待枠を消費することなく、他の人を参加させることができます。

招待枠という制度は、あくまでも今まで全くクラブハウスに触ったことがないユーザーを、簡単に参加させてあげるための機能に過ぎないわけですね。「完全招待制」や「招待枠2名まで」という話が先行して、それ以外の参加方法がないと思いこんでしまっていた方は盲点でした。

また、上記の方法をやってみて難しかった方は以下の解決策を見てみましょう。

招待枠を減らさないで招待できない時のトラブルシューティング

前章の方法であれば、本当に招待枠や招待コードなどは減らさずに、他の人を招待することは可能です。

しかし、稀に以下のようなケースで招待できないという場合が起こっているので、もしできなかったという方は以下のチェックリストを確認してみてください。

  • iPhoneのアプリ設定を見直す:iPhoneのアプリ設定がうまくできていない可能性があります。iPhoneの「設定」から「Clubhouse」アプリを選択し、「連絡先」の設定を確認します。参加承認する側とされる側の両者が、チェックを付けている状態か確認しましょう。
  • 順番が合っているか見直す:お互いの電話番号を登録し、参加希望者が事前の参加登録、1日経過、参加者を承認する、という流れの順番通りか再確認しましょう。
  • 状態を再確認する:参加承認者と参加希望者が両方とも電話番号登録をし合っているか今一度確認しましょう。

参加できない場合には、これらの内容を確認して解決できるか試してみましょう。

あわせて読みたいおすすめ記事

記事をキーワードで検索

-テクノロジー

© 2021 HIDESUN BLOG