稼ぎ方

2021年にブログで稼ぐならどこ?収益化におすすめ3つ超厳選!【人気ブログ】

2021年にブログで稼ぐならどこ?人気ブログから収益化におすすめの3つを超厳選

ブログで稼ぐならどこのブログがおすすめですか?読者の方からこのような疑問を多くいただきます。どこのブログを選ぶべきかは、自分がどれだけの時間やお金をかけられるのかや、そのブログサービスの将来性、どれくらい専門的な知識を必要とするのかで決まります。

多くのブロガーが犯す間違いは、使いやすさや始めやすさなどでブログを選んでしまうことです。実際に選ぶべきなのは、できるだけ短期間で稼ぎ始めることができ、長期的に見ても大きな金額を稼いでいきやすいものを選択することです。

結論から言うと、この記事で厳選した3つの中でも最高のブログプラットフォームは、間違いなくWordPressです。

WordPressブログ

稼ぐことを目的にしているのであれば、収益性、機能性、デザイン性、また他のどのような要素で比較したとしても、WordPressに匹敵するブログサービスは他にありません。しかしそれでも不安に思う読者の方のために、記事ではあえてWordPressを除いた無料ブログ作成サービスの中で最も優秀な2つの選択肢も残しています。

本記事では、いくつかあるブログサービスの中で、ブログで稼ぐという目的に最適なブログサービスを、WordPressとその他2つのブログサービスに超厳選しました。

記事内で網羅している情報を見れば、稼ぐための自分に合ったブログサービスを、最終的に一つに選ぶという究極の選択ができることをお約束します。

無料ブログと有料ブログのどちらを選ぶべきか?

ブログサービスには無料のものと有料のものがあることはご存じの方も多いと思います。本記事でご紹介する3つのブログの内、WordPressのみが有料のブログプラットフォームになり、その他の2つはどちらも無料です。

有料ブログサービスの特徴

WordPressのようなブログを作るには、家で例えた時の、住所となるドメインと、土地となるサーバーが必要です。ここで言う家となるWordPress自体は無料ですが、WordPressを始めるのに必要なドメインとサーバー利用料がかかるという仕組みです。

WordPressブログの構成要素

具体的な金額感としては、WordPressには月額500円〜1,500円ほど、年間にして1万円前後の費用がかかります。さらに、任意のオプションですがもし外観となるデザインテーマなどをカスタマイズする場合は、1年目だけ初期費用として1万円程度の料金が追加で必要になります。費用の詳細は、WordPress料金やブログ費用のお金いくらかかる?【詳細公開】という記事をご参照ください。

これを高いと感じましたか?実際のところWordPressには、上記の金額に対して余りあるほどのメリットが有り、機能性やデザイン性、カスタマイズ性、所有権、サービス終了のリスク回避といった、様々な点で他のブログサービスを大きく凌駕する利点があります。これらの投資のリターンを考えた時に、WordPressを選択しない理由はありません。

無料ブログサービスの特徴

有料ブログとは逆に、無料のブログ作成サービスには、稼ぐことや収益性を考えた時に決定的な欠点があります。それは、広告を自由に置けないということです。無料ブログサービスのビジネスモデルは、これらのサービスを使って始めたブロガーたちの記事から、サービス運営側が広告収入を得るマネタイズ方法だからです。

無料のブログで開設したブログは誰のものでしょうか、言うまでもなく無料ブログサービスの運営側のものになります。この無料ブログは、広告の設置から、記事コンテンツの中身がサービス内でふさわしい内容かどうかなどまで、すべてサービス運営側がコントロールしているのです。

無料ブログサービスの特徴

また、あまり意識しない重要な点は、所有権に関しての問題です。無料ブログサービスの中で書いた、ブログ記事やコンテンツは誰のものでしょうか?これも、残念ながらサービス運営側にあります。というのも、無料ブログサービスは利用を開始する時に利用規約に同意するのですが、その中にコンテンツの帰属について明確に書かれているからです。

さらに、もしも無料ブログサービスのサービス自体が終了してしまった場合には、ブログサービスはおろか、自分が今まで書いてきたコンテンツや記事投稿が、すべて消滅することになるという恐ろしい結末もありえます。そんなことが起こり得ますか?残念ながら実際に起こります、あの大手Yahoo!ブログでさえ、2019年に13年間の運営を持ってサービス終了したという事実があります。

このように、有料ブログと無料ブログを比較すると、価格以外のほとんどの点で有料ブログのほうがプラス面が多いと気がつくと思います。これ以上に違いに関する詳細を知りたい方は、WordPressブログと無料ブログはどっちが良いのかを比較検証した記事もご参照ください。

1.2021年にブログで稼ぐのに最高なのはWordPress

稼ぎたい、儲けたいと思うすべてのブロガーに最もおすすめするブログプラットフォームは、WordPressブログです。

稼いでいるほぼ全てのブロガーが選ぶ世界的シェアNo.1のブログ構築サービス

WordPressブログは、世界的に最も人気で、稼いでいるほとんどのブロガーが採用しているブログプラットフォームです。WordPressはコンテンツ管理システム(CMS)とも呼ばれ、それ自体は無料で提供されているサービスです。

Webサイト全体の39%がWordPressによって作られていて、ブロガーだけでなくフォーチュン500という権威のあるジャーナルで掲載されている一流の企業も多く利用しているものです。当ブログも当然WordPressでブログを開設して作っています。

Webサイト全体の39%がWordPressを使っている

ブログツールとして最も人気である理由は、その柔軟な機能性にあります。WordPressには、数万を超えるプラグインと呼ばれる拡張機能を追加することができ、またデザインテーマも数千種類以上のものから選ぶことができます。また、WordPressはスマホでも書けるので、その利便性の良さも多くのユーザーに使われる理由です。

収益化するために必要なすべての機能がそろう

WordPressが稼げるブログである理由は、上記のような機能面の他に、分析に必須のツールも簡単に連携できることです。Google検索結果にブログ記事が出た結果はGoogleサーチコンソールを連携して確認し、ブログサイトへのアクセス解析はGoogleアナリティクスを連携することで、詳細なデータ分析が可能になります。

さらに、稼ぐために重要なSEO最適化に関してもトップクラスに強いということも特徴です。SEOに最適なパーマリンク設定や、カテゴリとタグの設定、メタディスクリプション設定、個々のページのインデックス登録設定、メディアツールを使った画像の最適化などが可能です。また、SEO対策で特別に設定したい項目がある場合は、SEO専用のオールインワンプラグインを導入することで、さらにSEOに特化したWordPressブログにカスタマイズもできます。

そして何よりも、WordPressはオープンソースのホスティングサービスであるため、ブログ自体の所有権はあなたにあります。ブログ記事の中に稼ぐために必要なアフィリエイトを始めて広告を自由に置くことができ、またサービスが終了して勝手にサイトが無くなるというような悲劇が起こる心配もありません。

WordPressを始めるのはとても簡単です。本来であればドメインの取得、サーバーの契約、WordPressのインストールをそれぞれ個別にやる必要がありました。しかし、今では一回の手順でまとめてできる、WordPressかんたんインストールというサービスがあります。最も簡単で安く、表示速度が速いなど稼ぐために最良なのは、ConoHa WING です。ここからConoHaWINGの独自ドメインとサーバーを選んで、「WordPressかんたんセットアップ」を利用するを選んで申し込むだけで、最短10分もあれば始められます。

上記の詳細な手順は、初心者のためのWordPressの始め方完全ガイドをご参照ください。

稼げるポイント

  • WordPressには便利なプラグインの数々、美しく高機能なデザインテーマ、分析プラットフォームとの連携、その他数多くのカスタマイズ要素が豊富にあります。
  • SEOに強いため、Google検索結果画面では、上位をWordPressブログが占領できるほどです。
  • WordPressブログに書いた記事やコンテンツはすべて読者の方(あなた)の所有物です。広告を思うままに配置して、長期的に収益化を図ることができます。
  • 会員制のメンバーシップビジネスや、オンラインコースの設置、個別のコンサルティングなど、ブロガー以外の様々なビジネスに拡大することが可能です。
  • WordPressの利用者は6000万ユーザー以上もいるため、不明点をすぐに探せる情報リソースやサポートも充実しているのが安心です。

デメリット

  • 始めるまでが、他の無料ブログよりも少しだけ大変です。
  • たくさんカスタマイズできる分、自分でアレンジする必要があります。しかし、これは稼ぐためにどのブロガーもやっている初めのステップなので、正しい情報を参考にやっていけば難しいことではありません。当ブログでも、ブログに必要な情報や学習コンテンツの全てを記事で書いています。

価格

  • 価格は月に最低500円〜1,500円ほどかかりますが、それによって稼いでいるブロガーは月収数十万〜数百万にもなります。その投資の費用対効果を考えると、かけるだけの価値があります。
  • デザインテーマには無料と有料のものがあるため、もし有料のものを選ぶとおおよそ1万円ほどがかかりますが、これは始めた初年度のみにかかるお金になります。

2.独自のノウハウや知見を持っているならnote

noteは、他の人にないような独自の強みや有益な情報を持つ人におすすめできるブログサービスです。

腕に自信のある人が稼げるブログサービス

noteは、ユーザーが自分たちの創ったコンテンツを発信したり、お互いのそういったコンテンツを見合ったりことができるブログプラットフォームです。noteでは、「クリエイター」と呼ばれるユーザー同士が交流するSNSのような機能があったり、様々なバックグラウンドの人の投稿を無料で読むことができたりするような、「街」がコンセプトで楽しむことができます。

noteブログプラットフォームの特徴

noteの特徴には、普通のブログサービスにはない特殊な点があります。大きく3つの特徴があり、ランキングがないこと、広告がないこと、独自に選ばれた人気の記事を読めること、という特徴です。noteのその利便性の高さから、直近では月間利用者数が6300万人を超えました。

特に、広告がないことが他のブログにはない最大の特徴です。一般的な無料のブログサービスでは、利用しているブロガーのブログ記事内に広告を置くことで、サービス運営側が収益をあげる仕組みになっていますが、noteではそれがありません。つまり、ユーザーは自分が意図していない広告を勝手に配置される心配がなく、自分たちの純粋なコンテンツ発信に注力できるということです。

ユニークな経験やスキルを持つ人は売れやすい

収益化しやすい人の共通点として、独自の知識や知見を持っている人がnoteで稼ぎやすいのには理由があります。それは、noteでは、自分達のユニークなスキルや経験、ノウハウを有料の記事として、noteにいる他のnoteユーザーに販売することができるからです。良質なコンテンツを発信できる人ほど稼ぎやすく、noteから数千万円もの金額を稼ぐユーザーも中にはいます。

しかし、noteは一般人などの個人すべての人にはおすすめできません。noteブログで稼いでいて十分な収入を得ている人は、業界内で権威が合ったり、著名な有名人やインフルエンサーに限られるからです。一般的なブログでは、トレンド記事を書いたり日記や雑記など、明確な目的を持っていないユーザーにも記事コンテンツは読まれました。ですが、noteでは、有益なコンテンツしか通用しない性質があります。より詳しい解説を、noteはブログの代わりになるかという記事でも紹介しています。

さらに、noteには有料コンテンツを販売する以外の方法で収益化することを考えた時に、大きな問題点があります。noteでは、Amazonアソシエイト(Amazonアフィリエイト)を除くアフィリエイト広告を記事に埋め込むことができないようになっていることです。また、デザインのカスタマイズや追加機能なども制限されていて、もしもそれらを完全に実装するためには、結局、月額500円の有料課金プレミアムプランに加入する必要があります。

noteで稼いでいくためには、定期的にユニークなコンテンツを発信し続け、note内で権威性や信頼を高める必要があるので、特別なブランディングが求められるのです。もしnoteをブログサービスとして選ぶのであれば、元々知名度の高いインフルエンサーや、長い経験がある専門性の高いプロフェッショナルと同じフィールドで闘うことになると事前に覚悟しておく必要があります。

逆に、自分が有料で販売できるような素晴らしいコンテンツを創作できる自信がある方は、むしろ積極的にnoteブログを選びましょう。noteに関する詳細な説明は、noteとは?noteとブログの違いを比較という記事をご参照ください。

noteは、WordPressと同様に簡単に始めることができます。note公式サイトにアクセスして、右上にある「新規会員登録」から無料会員登録をするだけでできます。

稼げるポイント

  • 自分にしか無いオリジナルな知見や新しいノウハウのような、他のnoteユーザーがお金を出してでも欲しい情報は、いくら高額でもニーズがあります。
  • noteにいる、一般的なWebサイトユーザーと異なるユーザー層にアプローチできます。
  • 会員登録が無料でできるため、ブログを始めるハードルが非常に低いです。
  • 「いいね」や「応援する」、「投げ銭」のような機能を使えば、コミュニティ形成や、ファンを作るなども可能です。
  • SNSとの相性も良いため、TwitterやInstagramなどを使ってnote外のユーザーにコンテンツをシェア拡散するなどもしやすいです。

デメリット

  • 売るための商品を持っていない場合は、自分で価値のある商材や情報コンテンツを創作する必要があります。
  • もしnote上やnote以外のソーシャル上で宣伝しても、あくまでもnote上でのブランディングを高めるに過ぎない点に注意が必要です。というのも当然ながら、noteは自分だけのブログサイトではないからです。
  • 有料販売コンテンツの自由な価格設定、定期マガジンの発行、数量限定販売のオプション機能などを導入する場合には、WordPressと同じくらいの月額料金が発生することです。

価格

  • 価格は月に500円ほどかかりますが、noteプレミアムに加入することができます。それによって、予約投稿機能やコメントカスタマイズ機能、マガジン数のUP、Youtube動画表示、Amazonウィジェット機能などが拡張できます。
  • もしも法人として利用する場合には、note Proというプランもあります。このプランでは、月額5万円(税抜き価格)から利用することができ、GoogleAnalyticsやSmartNews連携の場合は別途追加料金が発生します。

3.はてなブログは広告塔として使える

はてなブログは、無料で稼げるブログを始めるのに最も適した無料ブログ作成サービスです。

無料で簡単に作れる人気のブログ作成サービス

はてなブログは、まずは無料から始めてみたいと考える初心者に人気の無料ブログです。人気の理由は、とても簡単に始められることと、使える機能が必要十分なシンプルな機能にまとめられているからです。

はてなブログ

WordPressと比較した時に、その機能面のカスタマイズ性能やデザイン性などには劣りますが、ブログを書く上で困る要素はほとんどないと言っていいでしょう。また、操作性やセキュリティ面でも不足はないため、ブログを初めてやろうという方でも安心して始められることができるのです。

はてなブログ最大の特徴は、そのユーザー数の多さと知名度の高さです。この印象的なペンのロゴは誰しもが見たことがあるのではないでしょうか。はてなブログのユーザー数1,000万人以上、そして月間のユニークブラウザ数はなんと約1.4億と言われています。

ブランディングを考える人に最適

まず初めに、無料ブログの中でも、はてなブログを稼げるブログサービスとして選出した理由があります。それは、はてなブログはアフィリエイト広告やGoogleアドセンス広告といった、広告収入が可能な数少ない無料ブログサービスだからです。a8.netやもしもアフィリエイトを始め、多くのアフィリエイトASPと連携することが可能です。

また、もしSNSを強化していきたい人や、Webサイトやブログサイトを別に持っている方などには、はてなブログはおすすめです。はてなブログなら、無料ですぐに始めることができるため、固定費や初期コストがかからないでブログを開設することができます。

はてなブログがブランディングや広告宣伝代わりのプロモーションに使える理由は、そのドメインの強さにあります。ドメインの強さ(ドメインパワー)とは、そのWebサイトが持つ影響力の強さのことです。それを決めるのには複雑なロジックがありますが、簡単に考えると、どれくらいの人に認知されているか、どれくらい信頼できるサイトかといったSEOに関連する重要な要素です。

実際に、Ubersuggestというドメインパワー計測ツールで判定すると、はてなブログのドメインパワーはソフトバンクや資生堂、ソニーといった名のある企業と同じくらいのドメイン力を持っていました。つまり、Webサイト上ではそれだけの信頼性や権威性といったブランド力を持っているということです。

そのため、はてなブログで自分のブログを開設すれば、それだけのブランド力を初めから付けた状態で発信することができます。具体的な活用方法としては、TwitterやFacebookといったSNSアカウントと連携して発信したり、企業のWebサイトや自分の作った商品サイトを持っているような場合には、そこへ集客するためのハブにすることなども考えられます。

しかし一方で、はてなブログだけで稼いでいこうと考えることはかなり難しいことであるとお伝えしておきます。前章で説明したように、デザインを変えたり詳細な機能のカスタマイズなどは限られたものしかできません。また、はてなブログ自体の運営がストップしてしまったら、自分が今まで書いてきたブログ記事は消えてしまうというリスクもあります。

はてなブログを利用する際は、あくまでもメインWebサイトや本当に注力している主要なSNSアカウントを持っている場合の、援護射撃用に使えるブログとして捉えておきましょう。

はてなブログも簡単に始められます。はてなブログの公式サイトにアクセスして、「ブログ開設(無料)」から作成が可能です。詳細な作り方は、ブログの始め方完全ガイドの「はてなブログの作り方」をご参照ください。

稼げるポイント

  • 自身の商材を扱うメインWebサイトやECサイト、別のブログサービス、影響力の強いSNSアカウントなどを持っている場合は、そこに流入させるための広告代わりとしてはてなブログを使うことができます。
  • はてなブログでは、個人のセルフブランディングを通じた、一対一のコンサルティング契約を結ぶなどの収入方法も考えられます。
  • はてなブログは知名度や信頼性があるため、そこでの発信を通じて、法人や団体から講演やセミナーの依頼を受けるなどの稼ぎ方もできます。

デメリット

  • はてなブログでは、幸いなことに収入の柱になるアフィリエイト広告を記事内に入れることは可能ですしかし、無料ブログ全般に言えることですが、はてなブログにおいても、サービス運営側が出す広告は課金をしないと消すことができないことには注意しましょう。
  • SEO最適化で重要な、サイトマップ設定やインデックス登録に関する設定、モバイルユーザービリティの改善など柔軟なカスタマイズが難しいです。
  • 無料ブログサービス自体がサービス提供をクローズさせる可能性が大いにあります。

価格

  • 価格は完全に無料で始められます。
  • はてなブログのProプランなら、ブログ記事内の広告削除や独自ドメインの取得、アップロード画像の容量UP、履歴件数の増加、ブログ開設個数の増設、さらに、一つのブログを複数人管理する、自己紹介ページやリンク集の作成、モバイルAMP対応などのオプションを使えます。Proプランの利用料金は月額600円(税込み)がかかります。

結論:2021年にブログで稼ぐならどこがいい?

最終的に答えとなるブログサービスは、WordPressブログです。

WordPressブログは、稼ぎたいと考える初心者ブロガーが選ぶべきブログサービスとして最高の選択肢です。初めから有料であるということ以外のSEO対策面、コンテンツマーケティング、柔軟性、デザイン性、カスタマイズ性といった、あらゆる面でメリットがあります。

その他2つの簡単なイメージとしては、noteは「業界の著名人やインフルエンサーなどの玄人向け」、はてなブログは「将来的に稼ぎたいが今は初期投資を控えたいという方向け」、というイメージです。

まとめとして、3つのブログサービスの簡単な比較表を作成しました。

ブログサービス価格特徴稼ぐ目的別
WordPress月額500円〜1,500円程度世界で最も人気のブログ稼ぎたいすべてのブロガーに推奨
note無料(有料プラン:500円)最近ユーザー数が急増しているコンテンツ創作型のブログ元々知名度がある人や売れるコンテンツを書くのに自信がある人
はてなブログ無料(有料プラン:600円)大手として知名度の高い有名な無料ブログ他のブログやSNSなどとの相乗効果や長期的なブランディング活動がしたい人
稼げるおすすめのブログサービスの比較

最後に、稼ぐためのブログサービスを選んだ後は、実際に稼いでいきましょう。具体的な方法やノウハウについて、ブログで稼ぐ仕組みや平均収入は?初心者ブロガーが稼ぐ方法という記事で解説しているので、これも読んで実践してみましょう。

記事をキーワードで検索

-稼ぎ方

© 2021 HIDESUN BLOG