テクノロジー

Twitterで過去ツイートを検索する方法|鍵垢でも自分のツイートは見れる?

Twitterで過去ツイートや鍵垢を検索する方法

Twitterで過去ツイートを検索する簡単な方法はありますか?多くのTwitterユーザーにとって、過去のツイートは大切な記録であり、時々振り返りたい時があるでしょう。また、誰か他のユーザーのツイート内容を覗きに行きたい時に、今までの全ツイートを一覧で見ることができればとても便利ですよね。

Twitterでは、いくつかの方法で古いツイートのログを見ることができます。それは自分のツイートや画像はもちろんのこと、自分以外のTwitterアカウントも調べることができます。さらには、鍵垢でも自分のつぶやきを検索することができるのです。

この記事では、Twitterで過去につぶやいたツイートを検索するためのシンプルな方法と、鍵垢で自分のツイートを見る方法を解説していきます。

Twitterで過去ツイートを検索する5つの方法

ツイッター上にある過去のツイート内容を検索する方法は、全部で5つあります。それぞれの方法を見ていきましょう。

方法1:ユーザー名(アカウント名)で検索する

この方法は、Twitterで古いツイートを検索できる最もシンプルな方法です。

Twitterの検索窓に「from:」という小コマンドを入力することで、調べたいTwitterアカウントのツイートや画像のみを表示することができるようになります。

下図のように、Twitterの検索フィールドに「from:(@なしのユーザー名)」を入力します。例では、「from:yousuck2020」と入力しました。

ユーザー名(アカウント名)で検索する

ここで注意したいのは、fromの後に必ず「:」を入れること、そして@を付けないことです。

方法2:Twitterの高度な検索機能を使う

まずは、自分のTwitterアカウントにログインし、Twitterの高度な検索ページにアクセスします。

Twitterの高度な検索機能

ここではアカウント名だけでなく、キーワードや日付など様々な検索タイプから検索をかけることができます。以下選択できる検索方法です。

  • キーワード:ツイート内に指定したキーワードを含む、含まないなどの複雑な条件でツイートを検索できます
  • アカウント:@以降のユーザー名を入力することで、指定したアカウントのみのツイートを検索できます
  • フィルター:返信(リプライ)を含めるか、またリンクを含んだツイートも表示するかなど、細かな設定が可能です
  • エンゲージメント:返信数、いいね数、リツイート数、これらの数が最小いくつあるツイートかで絞り込むことができます
  • 日付:日付を区切って検索できます

このように、色々な条件を組み合わせて過去ツイートを検索することができます。

おまけ:高度なコマンド入力

先程の検索窓にコマンドを入力することで高度な検索と同じように検索することも可能です。

  • アカウント検索コマンド:「from:username」を入力すると、@ユーザーが送信したツイートを一覧で見れます。
  • 日付検索コマンド:「since:yyyy-mm-dd」を入力すると指定した日付以降のツイートが、「until:yyyy-mm-dd」を入力すると指定した日付までのツイートが、それぞれ絞り込んで検索できます。
  • 複数条件の組み合わせ検索コマンド:上記の組み合わせで検索も可能です。例えば、2021年1月1日から2021年3月31日までの前澤さんのツイートを見たい場合は、「From:yousuck2020 since:2021-01-01 until:2021-03-31」と入力します。

方法3:ツイートの過去アーカイブをダウンロードする

Twitterでは、今までのツイート内容をアーカイブデータとして取得することが可能です。その場合、Twitterに対して、閲覧可能なアーカイブ履歴を提供するようにリクエストすることが必要です。

Twitterに自分のアカウントでログイン後、「もっと見る」から「設定とプライバシー」>「アカウント」>「データのアーカイブをダウンロード」を選択します。

ツイートの過去アーカイブをダウンロード

パスワードを入力したら、自分の好きな形式ファイル(zip,index.html,csv)で全履歴を表示することができます。ただし、CSVデータの場合は過去のツイート画像履歴は表示できないので注意が必要です。

注意点:もしもアーカイブデータをダウンロードできない場合には、自分の電子メールアドレスが最新であるかどうかを再確認してください。また、アーカイブデータの容量によっては、数日以上ダウンロードに時間を要することがあります。

方法4:Twilogで全ツイートを検索する

全てのツイートを検索するために、アーカイブデータのダウンロードを待たなくても済む方法が、Twilogというアプリケーションを使う方法です。

Twilog

Twilogとは、Twitterのツイートをブログ形式で保存できるサービスで、過去ログを一括で見たい時に最適なツールです。また、他人にツイートなどの統計情報を見られないよう非公開設定も可能です。

Twilogの使い方は、Twilogにアクセスした後、自分のアカウントIDを入力して新規登録(パスワード不要)し、自分が今まで投稿したツイートを検索結果として一覧表示して見ることができます。

方法5:ツイセーブで過去の全ツイート履歴を検索する

ツイセーブというサービスを使えば、Twitterで今までの過去ログを簡単に保存でき、ツイートやお気に入り、アイコン、プロフィールなどの履歴も記録して残しておくことができます。

ツイセーブ

そして、過去の全ツイートを日付などのカレンダー形式で表示したり、ハッシュタグや特徴語というキーワードベースで検索することも可能です。

ツイセーブの使い方は簡単です。まずはツイセーブのサイトにアクセスし、ご自身のTwitterアカウントで新規登録するだけです。ツイセーブに登録後は、過去のツイート履歴などを安全に保存して、また検索して閲覧することができるようになります。

鍵垢でも自分のツイートを見る方法

前述したツイセーブというサービスを使えば、ツイートを非公開にしている鍵付きアカウント(通称鍵アカ、または鍵垢)でも見ることができます。

Twitterで鍵垢の過去ツイートを見る方法は、ツイセーブにアクセスして登録後、過去のログを見たい対象のアカウントを検索するだけです。

ただし、鍵付きのアカウントの送信した過去ツイートを見ることができるのは、そのアカウントの所有者本人またはフォロワーだけであることに注意してください。

Twitterで過去ツイートが検索できず見れない場合

ここまで紹介した過去のツイート検索の方法で見ることができない場合、以下のような原因が考えられます。

  • 検索対象のアカウント自体が凍結されている
  • 検索したユーザー名やアカウント名に入力間違いがある
  • 古いツイートの量が膨大なため、検索に時間がかかるまたは正常に検索できていない
  • 過去のツイートが削除されている(ツイセーブであれば、削除済みの過去ツイートでも検索することができます。)
  • ネットワーク環境や通信障害
  • ツイッター上で不具合が起きている(解消する方法については、Twitterのバグの直し方で詳細に解説しています。)

Twitterアプリまたはデバイス自体を再起動すると不具合は解消されることがあります。具体的に、Twitterの不具合を直すための完全ガイドも参照ください。

記事をキーワードで検索

-テクノロジー

© 2021 HIDESUN BLOG