テクノロジー

AppleシリコンM1搭載の新型MacBookは最強!速報

AppleシリコンM1搭載の新型MacBookの速報
apple.com

 

「AppleによるMacのためのチップ」であるM1チップが新発表されました!(日本時間の11/10発表)

 

業界をリードするパフォーマンス、パワフルな機能、そして驚くような電力効率を持ったM1は、AppleがMacのために設計した初めてのチップです

Apple、M1チップを発表

 

Appleが作った中で「最もパワフル」であると言われている「M1」チップはMacの性能を最大限に発揮するために設計されていると言われています。そんなM1が今回の発表でリリースされ、その

Appleシリコン(silicon)であるM1が搭載された新型MacBookとして、Macbook Air、Macbook Pro、Mac miniの3モデルがリリースされました。

今回は、AppleシリコンM1と搭載された新型MacBook Air、Macbook Pro、Mac miniの性能について徹底検証していきます。

それでは早速みていきましょう。

 

AppleシリコンM1チップは世界最高峰のCPU性能

AppleシリコンM1チップは世界最高峰のCPU性能

 

AppleシリコンであるM1は、Macのために設計された、Appleが作ったものの中で最もパワフルであると言われています。

M1は実際にどこが凄いのか、その性能を詳しくみていきましょう。

 

設計コンセプト

 

M1チップは、その「コンパクトさと電力効率」という視点でMacシステムのために最も適した設計になっています。

M1チップは、Appleが今までの業界最高の経験を最大限に活かしたMac用SoC(システムオンチップ)となっています。システムオンチップとは1つの半導体チップ上に、Macを動かすためのシステムを全て組み込んだ設計になっているということです。

その特徴はまさに「世界最高」であり、省電力性、世界最速のCPUコア、ワットあたりCPU性能、GPU性能、機械学習能力、バッテリー効率などのパフォーマンスが劇的に向上しました。

Appleのハードウェア担当のジョニースルージ氏が次のようにコメントしています。

 

「M1は、Appleの画期的なMac用SoCです。このようなチップは今まで存在しませんでした。このチップは、10年以上にわたってiPhone、iPad、Apple Watchのために業界最高レベルのチップを設計してきた経験をもとに作られています。Macにとってまったく新しい時代の到来を告げるチップです。...私たちがこれまでに作ったものをはるかにしのぐ、最高のApple製チップです」

Appleハードウェアテクノロジー担当シニアバイスプレジデント、ジョニー·スルージ氏 (apple.com)

 

このM1チップが標準搭載されたApple製MacBookですので、3モデルが全てハイパフォーマンスを発揮することが期待できますね。

 

パフォーマンスと省電力性

 

今まではCPUやセキュリティシステムなどの複数のシステムに対応する複数のチップが運用されていましたが、Appleシリコンはシステムオンチップ設計(Soc)を踏襲してそれらを統合することに成功しました。

それによって、複数のメモリ間で同じデータにアクセスできるようになり、低遅延での効率が発揮されるようになったのです。

 

ワットあたりCPU性能

 

AppleシリコンM1は、4×2の8つのコアで構成されています。

4つの高性能コアでは、高画質の写真の編集やアプリケーションの開発などで高性能を発揮することができ、また4つの高効率コアでは通常の作業でハイパフォーマンスを発揮できるようになりながらもかつ長時間のバッテリー効率という優れものです。

これらの8つのコアによって、「高性能と高効率」によってワットあたりCPUが世界最高峰基準を実現しているのが、今回のM1チップ最大の特徴と言えるでしょう。

 

GPU性能(グラフィクス性能)

 

M1では最先端のGPU性能が搭載されています。普段使うアプリケーションや高度な作業においてパフォーマンスが存分に発揮されます。

例えば、高画質のビデオ再生や3Dレンダリングを可能にしていて、特に処理能力を必要とする作業でも軽々と動かせるようになるのです。普段重たいファイルや動画を扱うような方には心強い味方になりそうです。

 

機械学習(Neural Engine)

 

AppleシリコンM1には、圧倒的に高速な機械学習を実現するためのNeuralEngineが搭載されています。毎秒11兆の演算が可能になっていて、これによって従来の機械学習能力の約15倍もの性能を発揮していると言います。

例えば、映像分析や音声認識、画像処理などの作業において、この機械学習能力によって今までにない速さを実現できているのです。

機械学習はAI能力の一部で、今までは特別な作業や特定の処理において実装されていくことが多い技術でしたが、今回のM1チップでの標準搭載によってMacでのデータ処理タスクが大幅にアップデートされますね。

 

パフォーマンスと省電力性

 

そのほかの機能についても列挙していきます。

  • ビデオ撮影:ノイズリダクション、ダイナミックレンジ、自動ホワイトバランス機能
  • セキュリティ:最新のSecureEnclave
  • SSD性能:ストレージコントローラとAES暗号化ハードウェアによる高性能実現
  • バッテリー駆動:高性能エンジンによる省電力性
  • 周辺機器接続:新規格USB 4対応のThunderboltコントローラ

 

新MacOS「Big Sur」

 

今回のAppleシリコンのM1チップリリースと同時に、M1チップに最適化されたmacOS Big Surがリリースされました。最新OSに関する詳しい内容はMac OSの最新情報|Big Surの新機能や不具合などの記事もご参考ください。

 

AppleシリコンM1チップ搭載の新型MacBook Air / MacBook Pro / Mac mini

 

AppleシリコンM1チップ搭載の新型MacBook Air / MacBook Pro / Mac mini

ここからが本題の、AppleシリコンM1チップが搭載された新型MacBook Air / MacBook Pro / Mac miniに関する情報をまとめました。

気になる性能がM1チップ搭載によってどうアップグレードされたかなど詳細をみていきましょう。

 

MacBook Air

 

「Airに新しい力をのせて」がキャッチコピーのMacBook Airは以下のような性能にアップグレードされました。

 

最も薄くて軽いAppleのノートブックが、Apple M1チップで新しい次元へ。CPUは最大3.5倍高速。GPUは最大5倍高速。Appleで最も先進的なNeural Engineにより、機械学習は最大9倍高速。バッテリー駆動時間はMacBook Air史上最長。そして、静かなファンレス設計。ここまでのパワーを、ここまで軽々と持ち運べるようになりました。

MacBook Air

 

特徴的なのは、やはり性能です。従来よりもCPUが最大3.5倍、GPUも最大5倍、機械学習が最大9倍と大幅に拡張され、今までうるさいという声も多かった「ファン」も省かれて静音化かつ軽量化されているのが大きな特徴です。

 

MacBook Airに関する機能・スペックや価格などの詳細が気になる方は、MacBook最新のAir/pro/miniを徹底比較!の記事でまとめていますのでどうぞ。

 

MacBook Pro

 

「Proのすべてが目を覚ます。」がキャッチコピーのMacBook Proは以下のような性能にアップグレードされました。

 

13インチMacBook ProがApple M1チップを搭載。その速さとパワーは信じられないほどです。CPU性能は最大2.8倍。グラフィックス処理速度は最大5倍。Appleで最も先進的なNeural Engineにより、機械学習の速さは最大11倍。バッテリー駆動時間は、どんなMacよりも長い最大20時間。Appleで最も人気が高いプロ向けノートブックが、スケールの違う能力を手に入れました。

13インチMacBook Pro

 

特徴的なのは、こちらも圧倒的に向上した性能です。従来よりもCPUが最大2.8倍、GPUも最大5倍、機械学習が最大11倍と大幅に拡張されました。バッテリー駆動が最大20時間と、全てのMacのなかで最も長時間使用ができるようになっているのが最大の特徴です。

 

ちなみに、MacBook Proの歴代モデルである2020年Intel CPUモデル、2019年モデル、2018年モデルのスペックや価格を比較した、MacBook Pro 2020/2019/2018を比較!の記事もどうぞ。

また、MacBook Proの2020年、2017年、2016年、2015年モデルに関しても徹底比較したMacBook Pro新型と2017/2016/2015を比較!の記事も気になる方はご参考ください。

 

Mac mini

 

「新しい心臓。さらなる能力。」がキャッチコピーのMac miniは以下のような性能にアップグレードされました。

 

Mac miniは、最も柔軟に使えるAppleのデスクトップコンピュータ。何でもできるこの一台を、Apple M1チップが次のレベルへ連れていきます。CPU性能は最大3倍高速。グラフィックスは最大6倍高速。Appleで最も先進的なNeural Engineにより、機械学習は最大15倍高速。想像をはるかに超えるスピードとパワーを、あなたの仕事に、遊びに、創造力に。

Mac mini

 

デスクトップコンピュータとして使用するMac miniですが、特徴的なのは、圧倒的な機械学習の性能です。従来よりもCPUが最大3倍、GPUも最大6倍、機械学習が最大15倍と大幅に拡張されました。ディスプレイを別にデスクトップ利用したい方には最高のハードデバイスになりそうですね。

 

Mac miniに関する機能・スペックや価格などの詳細が気になる方は、MacBook最新のAir/pro/miniを徹底比較!の記事をご覧ください。

 

まとめ:AppleシリコンM1搭載の新型MacBookはパフォーマンス・省電力性で世界最高だった

 

AppleシリコンM1チップ搭載の新型MacBook Air、MacBook Pro、Mac miniは圧倒的なパフォーマンスと卓越した省電力性が驚異的で、ここ最近で一番のアップグレードで注目されること間違いなしですね。

今回は、AppleシリコンM1チップのCPU性能についてまとめましたが、M1チップに最適化された最新OSについても、<Mac OSの最新情報|Big Surの新機能や不具合など>の記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

記事をキーワードで検索

-テクノロジー

© 2021 HIDESUN BLOG