初心者向け

ドメイン名の最適な決め方は?【失敗しない10のコツを紹介】

最適なドメイン名を決める方法とおすすめの10のコツを紹介している

自分のブログやWebサイトに最適なドメイン名を選択し、決めることはそのサイトで良い成果がでるかどうかを左右すると言っても過言ではありません。もしも適切でないドメイン名を決めてしまった場合に、自分のブランディングに失敗し、貴重なアクセスの機会を失ってしまう可能性があります。

適切な選び方でドメイン名を決めれば、より多くのユーザーを自分のWebサイトに呼び込むことができるかもしれません。

本記事では、ドメイン名を決めるコツを知って、最適なドメイン名を決めて、ドメインを取得するまでできるようになるためのガイドを説明していきます。

最適なドメインを決める方法とは?【10のコツを紹介】

ドメイン名を決めるまでに色々悩んだり、あれこれ考えて中々決まらない...。読者の方の多くがそう考えているのかもしれません。しかし実際は、選ぶための方針はとてもシンプルです。

最適なドメイン名を決めるために、意識すべき10のコツをご紹介します。

コツ①:「.com」または「.jp」を選ぶこと

ドメイン名には拡張子あります。この拡張子とは、「www.*****.com」や「www.*****.net」など、ドメインの最後につく名前のことです。

迷わず「.com」または「.jp」を選びましょう。

まず「.com」を選ぶべき理由は、世界のドメイン利用者の約40%以上が「.com」を選んでいるという理由です。

また、日本に限って「.jp」もおすすめです。というのは、「.jp」は日本独自のドメイン拡張子となっていて、多くの企業サイトやWebサイトに使われていて近年も利用者増加傾向にあるので、日本の場合はこの拡張子でも良いと思います。

補足すると、ブロガーで有名なマナブログのマナブさんも、ドメインは「.com」であれば問題ないと言っています。

コツ1:「.com」または「.jp」を選びましょう。

 

コツ②:自分のブランドと考える

ドメイン名は自分のブログやWebサイトなど、独自のブランドになります。Appleやマイクロソフトなど、多くの世界的に有名なブランドも、その名前はドメイン名の中に使われていますよね。

ドメイン名はブランドである
apple

ブランドとして強い名前というのは初めから作ることはできないですが、他のサイト名や有名なブランドの商標などとかぶらないように、決める前に世の中ですでにつかわれていないかを調べておくことが必要です。

ユーザーから見て目立つような、ユニークなブランド名を考えてみましょう。

コツ2:ドメイン名は今後自分のブランドになると考えて決めること

 

コツ③:とにかく分かりやすくする

「goiaygoaujgoogaiy.com」、これを見てどんなサイトか分かりますか?分からないですよね。

ドメイン名は分かりやすければわかり易いほど良いです。ドメイン名が分かりやすければ、自分のブログやWebサイトがどういうサイトなのかがユーザーにとって伝わりやすくなるからです。

例えば、有名な価格コムのドメインは、日本語ローマ字表記で、「kakaku.com」と何か価格に関するサイトを運営しているのだとすぐに分かるかと思います。

ドメイン名はわかりやすくする
kakaku.com

複雑過ぎて一般的に理解できないような表記のドメイン名は避けるようにしましょう。

コツ3:ドメイン名はとにかく分かりやすいようにしましょう。

 

コツ④:できるだけ短くする

「worldbusinesssatellite.com」、このドメイン名を見てどのサイトか分かりましたか?これもわからないですよね。

有名な番組のワールドビジネスサテライトですが、「WBS」と略しています。サイトURLもWBSの表記になっているように短い言葉で表していますよね。

ドメイン名は短くする
wbs

ドメイン名がいくら魅力的な名前でも、長いだけでユーザーに見づらい印象を与えてしまいますので、長いドメイン名は避けるようにしましょう。

コツ4:ドメイン名はできるだけ短くして覚えやすいようにしましょう。

 

コツ⑤:ドメイン名にキーワードを盛り込む

「onlineshop.com」、このサイトはある商品のオンラインショップのサイトであると分かりましたね。

自分のブログやWebサイトではどんな内容に関しての記事が書かれているのか、どういったビジネスをしているのかがわかれば、ユーザーはサイトの中身を見なくてもサイトを理解するのに役立ちます。

ドメインにキーワードを盛り込む
docomo

自分のサイトで書いていきたい記事や販売していきたい商品、ビジネスの軸は何かなどの視点で、明確に表すキーワードを選びましょう。

キーワード探索には、Googleキーワードプランナーや、ラッコキーワードといったツールも役立ちます。

コツ5:ドメイン名には、自分のブログやWebサイトの内容が明確に理解できるような名前をつけましょう。

 

コツ⑥:発音しやすいものにする

発音のしやすさも重要です。

世界的に有名なブランドである、Nike、SONY、Legoなどのブランドは、その発音のしやすさから親しみやすいものになりました。

発音しやすいものにする
NIKE

呼びやすさはブランドだけでなく、ブログやWebサイトを覚えてもらうために大切なポイントになるので意識しておきましょう。

コツ6:ドメイン名は呼びやすく発音しやすいものにしましょう。

 

コツ⑦:入力が簡単でかつ見やすいものにする

入力する際に簡単なものにすることや視認性も大切です。

日本語のローマ字表記で見に覚えのない文字列やスペルなどにならないように注意が必要です。

また視認性にも留意しましょう。例えば、似た文字が2つ連続で続いているような「qp」や「gq」、「bp」などもできるだけ避けるようにしましょう。

コツ7:ドメイン名は入力のしやすさと見やすさにも注意しましょう。

 

コツ⑧:-(ハイフン)、_(アンダーバー)、数字は避ける

-(ハイフン)、_(アンダーバー)、数字はほとんどのドメインで使われていないものです。

このような文字は普段ユーザーがあまり入力しない文字であると同時に、スパムやマルウェアといったものと誤解されやすくなるので控えましょう。

コツ8:-(ハイフン)、_(アンダーバー)、数字は特別な理由がない限りは使わないようにしましょう。

 

コツ⑨:重複する文字は避ける

重複して入力するような文字列もあまり使われていないものです。

重複して入力が必要な文字として、例えば「ss」や「ww」などは、ユーザーが気づかず入力に失敗することが多いため、注意しましょう。

コツ9:重複する文字はできるだけ避けるようにしましょう。

 

コツ⑩:無理に考えすぎず、他の人よりも早くドメインを取得する

最後にお伝えしたいのは、ドメイン名を決めることに迷いすぎる必要はないということです。

世界的に有名なブランドと同じように革新性が感じられユニークなネーミングは難しく、むしろそのブランドイメージは企業の製品や今まで培ってきた顧客へのサービスなどによるものだからです。

もう一つ意識したほうが良いことは、できるだけ早くドメイン名をとってしまうことです。

読者の方がドメイン名で悩んでいるこの数時間の間に、世界中で数百ものドメインが取られてしまっているからです。当然同じドメイン名は取得することができないため、他の人に取られる前にさっさと取ってしまいましょう。

今までのコツ①〜⑩に当てはまり、感覚としても気に入ったドメインが見つかったのであれば、そこで見切りをつけてドメイン取得を始めてしまうことも重要なことですね。

コツ10:最高を追い求め過ぎず、納得できるドメイン名で決めましょう。

 

番外編:困った時のドメインの探し方

ここまでのコツがわかっていれば、誰でもドメイン名を決めることができるはずです。

しかし、中々アイデアが出なかったり、別の人にすでに使われてしまっている可能性もあります。

そのようなときのために役立つドメイン名を探す方法をいくつかご紹介します。

  • Google Domains:300 を超えるドメイン末尾からドメインを選択できる
  • GoDaddy:自分専用のドメインを一括で検索できるツール
  • WHOIS検索:ドメインの登録者を検索する

これらのツールを使えば、ドメイン探しに関しては鬼に金棒だと思います。

 

ドメインを取得するおすすめの方法

ここまでのコツを参考に、ドメイン名を取得したいと考えた方に、おすすめの取得方法と取得先をご紹介します。

はじめにお伝えすると、取得方法には2パターンあります。一つは、豊富なドメインを扱うドメイン登録サービスでドメイン名の取得のみを行うパターン。もう一つはサーバー会社(Webホスティング)が提供する、ドメインの取得、サーバーの契約、WordPressを作る、というブログを始めるために必要な3つを全てまとめてできる「簡単クイックスタート」サービスを使う方法です。

それぞれ見ていきましょう。

 

ドメイン名のみ取得する

ドメイン名のみ取得する場合は、以下のおすすめのドメイン登録サービスを使いましょう。

この中でも最も有名で、一番おすすめするのが、お名前.com です。

僕もお名前.com でドメインを取得しています。GMOインターネットという老舗の企業によって運営されているので安心です。迷うくらいならこちらで取得することをおすすめします。

価格は数百円から千円前後のイメージです。

 

WordPress簡単スタートキットを使う

WordPressでサイトを作るとはどういうことなのか、いきなりではイメージするのが難しいかもしれません。

全体像を説明すると、ブログやWebサイトを作るには、「住所」となるドメイン、「土地」となるサーバー、「家」となるWebサイト(WordPress)が必要です。世の中のサイト作成者の38%がこの「家」であるWebサイトをWordPressで作っているのです。

そして、このWordPressでブログやWebサイトを作るところまでをまとめてできるサービスが「簡単スタートキット」です。

この「簡単スタートキット」を提供しているおすすめのサービス会社を以下でご紹介します。

  • ConoHaWINGの「WordPressかんたんセットアップ」
  • エックスサーバーの「WordPress クイックスタート」
  • mixhostの「wordpressクイックスタート」

 

ConoHaWINGの「WordPressかんたんセットアップ」

ConoHaWINGの「WordPressかんたんセットアップ」を紹介している

中でもおすすめなのが、ConoHaWINGの「WordPressかんたんセットアップ」です。

ConoHaWINGのサーバー契約、ドメイン取得、WordPressまでまとめて簡単にセットアップできるパッケージです。ConoHaWINGパックというもので、今なら2021年1月29日(金)まで「お年玉プレゼントキャンペーン」で全期間20%OFFで利用できて、さらに初期費用も無料で始められます。更に今なら独自ドメイン(自分のドメイン)が永久無料です。ここまでお得なタイミングは中々ないので、始めるなら今がかなりチャンスだと思いますよ。

僕が一番おすすめする、他のサーバーよりも何より優れている点は、サイト表示速度が国内最速であること、そしてリーズナブルな価格であることです。

ConoHaWINGのキャンペーンページはこちら > ConoHaWINGの公式サイト

ぜひ、このサービスを使ってWebサイトをクイックスタートさせましょう。

 

まとめ:10のコツを参考にドメイン名を決めましょう

ドメイン名を決めて取るまでのスピードが大事です。誰かにドメインを取られてしまう前に決めてしまいましょう。

ブログやWebサイトを始めるにあたって、ブログを始める方法から、具体的にWordPressを使ったブログ作成など、いくつも参考記事で説明しています。

また、ブログやWebサイトを作ったあとの、ブログ名やサイト名の決め方から始めて、記事構成案の書き方や、またアフィリエイトの始め方から稼ぎ方など、これらの記事も読者の方に有益なものになれば嬉しいです。

 

最後に、ブログやWebサイトを始める上で参考になる記事をまとめました。

  • WordPressブログを始めるまでのステップ:

ブログの始め方を初心者向けに簡単解説【全ステップを説明】

WordPressの始め方を最短ルートで解説【初心者向け】

 

ぜひ読んでみてください!

 

記事をキーワードで検索

-初心者向け

© 2021 HIDESUN BLOG