テクノロジー

MacOS Big Surの対応機種の一覧|対応の条件や機能も解説

MacOS Big Surの対応機種の一覧と対応条件

2020年にローンチされた新MacOS Big Sur。新たな機能が追加されたり、デザイン性が大幅に改善されたなどの報告が多く挙がっています。

そして多くのMacユーザーが気になることは、Big Surが果たして自分のMac機体で対応している機種であるのかということですよね。

また、実際に対応機種に該当していたとしても、それぞれのアプリケーションごとに対応する機能なども変わってくるため、頻繁に使うアプリに関しても対応しているか注意が必要です。

今回は、MacOS Big Surが対応するMacデバイスの一覧を紹介し、対応の条件や各アプリごとの対応機能も解説していきます。

MacOS Big Surの対応機種の一覧

最新のApple純正のモデルである、M1チップ(Apple Silicon)搭載のものはもちろん対応しています。しかし、古いタイプのMacハードデバイスはどうでしょうか?M1チップモデル以外のMacOS Big Surが対応している機種は以下のとおりです。

MacBook(2015以降)
MacBook Air(2013以降)
MacBook Pro(Late 2013以降)
Mac mini(2014以降)
iMac(2014以降)
iMac Pro(2017以降)
Mac Pro(2013以降)

Apple公式:macOS Big Surに対応している機種

また、自分のMacハードデバイスが対応しているかどうかを確認する方法はとても簡単です。

自分のMac画面の左上にあるリンゴのマークをクリックし、「このMacについて」を選択することで確認することができます。

MacがBig Sur対応機種かどうかを確認する方法

もしも該当のMacを使用していない場合は、Big Surにアップデート出来ないので注意してください。

MacOS Big Surへアップグレードできる対応機種以外の条件

MacOS Big SurへアップデートできるMacの機体を使っていても、各種システム要件やアプリケーションごとの対応条件があります。これらに要件が満たされているかを事前に確認しておきましょう。

Big Surに対応するシステムの条件

システムの要件として以下の条件を事前に確認しておきましょう。

  • OS X 10.9(Mavericks)以降を搭載していること
  • 4GB以上のメモリがあること
  • 35.5GB以上のハードドライブ上の空き容量があること(※macOS Sierra以降の場合)
  • アップデートする過程で必要なApple IDと、インストール完了まで使える快適なインターネット接続が可能なこと

これらの環境が整っていることをチェックしてください。

Big Surに対応するアプリの条件

Big Surに対応するアプリの条件

アプリごとの条件が細かく指定されています。普段よく使っているアプリで以下の状況が整理されていることを確認しておきましょう。

  • Siri:ブロードバンドのインターネット接続と、内蔵または外付けマイクがあること
  • HeySiri:HeySiriに対応した機種は、MacBook Pro(2018年以降)、MacBook Air(2018年以降)、iMac Pro(2017年以降)のモデルだけです。
  • AppleTV:ハイダイナミックレンジ再生には、MacBook Pro(2018年以降)、iMac Pro(2017年以降)Mac Pro(2019年)とPro Display XDRが対応機種です。また、ドルビーアトモスサウンドトラック再生には、MacBook Air(2018年以降)、MacBook Pro(2018年以降)の機種が対応しています。
  • Sidecar:MacBook(2016年以降)、MacBook Air(2018年以降)、MacBook Pro(2016年以降)、Mac mini(2018年以降)、iMac(Late 2015年以降)、iMac Pro(2017年以降)、Mac Pro(2019年)
  • Apple Pencil:ApplePencilの対応機種は、12.9インチiPad Pro、11インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro、9.7インチiPad Pro、iPad(第6世代以降)、iPad mini(第5世代)、iPad Air(第3世代と第4世代)です。
  • Apple Watchでのロック解除認証:対応機種は、watchOS 3以降モデルApple Watchであること、またはiPhone 5以降であること
  • ウェブ上のApple Pay利用:対応機種は、Touch ID付きMacBook ProまたはMacBook AirとiOS 10以降バージョンのiPhone 6以降、またはwatchOS 3以降を搭載したApple Watchであること
  • Boot CampIntel搭載のMacである必要があるため、M1チップでは対応していません。具体的な対応機種は、MacBook (2015年以降)、MacBook Air(2012年以降)、MacBook Pro(2012年以降)、Mac mini(2012年以降)、iMac(2012年以降)、iMac Pro(全モデル)、Mac Pro (2013年以降)
  • Windowsからの移行:対応しているOSは、OS X 10.7以降とWindows 7以降です。
  • 写真App:改良版のレタッチツールの対応機種は、2016年以降MacBook Pro(15インチ・16インチ)、2014年以降iMac(Retina 5Kモデル)、2017年以降に発売されたiMac(Retina 4Kモデル)、iMac Pro(2017以降)、2013年以降Mac Pro

各アプリケーションごとの機能要件を事前チェックしておくことをおすすめします。その他の各アプリ機能がBig Surで対応しているかの条件も気になる方は見ておきましょう。

MacOS Big Surにアップグレードする方法

今現在のMacOSのバージョンによって、アップデート方法は異なります。それぞれ以下の条件ごとに更新を行いましょう。

  1. macOS Catalina 10.15またはMojave 10.14からアップグレードする場合
  2. macOSの10.9から10.13のバージョンからアップグレードする場合

1.macOS Catalina 10.15またはMojave 10.14の場合

Mac画面の左上の隅にあるリンゴのマークをクリックし、「システム環境設定」を開きます。その中の「ソフトウェアアップデート」を開き、「アップデートを確認中」と表示されるのでしばらく待ち、「今すぐアップデート」が表示されたらアップグレードを行いましょう。

2.macOSの10.9から10.13のバージョンの場合

Mac画面から直接アップグレードすることはできません。App StoreからMacOS Big Surにアップデートを行うことができます。しかし、Mountain Lion(10.8)である方は、はじめにEl Capitan(10.11)へ更新後、続けてBig Surへアップグレードする必要があります。

Big Surへの対応機種であっても注意すべきこと

Big Surへの対応機種であっても注意すべきこと

Big Surへアップグレードした後に、様々な不具合が関係各所から報告されています。

空き容量が十分にあっても更新できなかったり、一部のアプリケーションが対応していなかったことに後から気づくということもあります。さらには、Big Surへアップデートやインストールを行っている最中にフリーズしてできなくなったというような症例も発生しています。

たとえ対応機種であったとしても、アップデートが成功するという保証はないので安易に考えないほうが良さそうです。初めに、Big Surに実際に更新を行った人達の評判を見てみることをおすすめします。

関連記事新MacOS Big Surの不具合情報の最新まとめ

記事をキーワードで検索

-テクノロジー

© 2021 HIDESUN BLOG