初心者向け

Googleコアアップデート最新情報【2020年12月】

Googleコアアップデート最新情報【2020年12月】

 

2020年12月にGoogleのコアアップデートが発表されました。

Googleは、年に数回、検索で表示される記事やサイトの順位付けに関するコアアルゴリズムをアップデートしています。これはサイトのSEO対策に関わる重要な情報です。

そして、2020年12月4日に、そのコアアップデートがGoogle Search CentralというGoogle検索に関する公式サイトより発表されました。

 

この記事を書いている僕は、今までに大手の某広告代理店に勤めていた経験から、SEO対策に関するエキスパートとして多くの企業へのコンサルテーションをしてきました。またブログ執筆からでもSEO関連のGoogleの最新情報を常にチェックしていますよ。

HIDESUN

 

今回は、Googleコアアップデートに関する最新情報をまとめていきます。

それでは早速見ていきましょう。

 

Googleコアアップデートとは

 

Googleは、Google検索での検索結果画面に表示される情報をユーザーにとってより良いものにするために、日々小さな更新や変更を行っています。

それとは別に、年に数回だけ、Google検索のアルゴリズムに大きなアップデートを行うことがあり、それをコアアップデートといいます。

なぜこのようなアップデートを繰り返しているのか、まずはGoogleの思想から説明していきます。

 

Google検索サービスの思想

 

Googleは、「ユーザーが検索したキーワードに対して、それに関連した、信頼性のある情報を届ける」ということを思想としています。

その理由は、Google検索で表示される情報やコンテンツがユーザーにとって良質で価値のあるものであれば、より多くの人が使ってくれたり、今Googleを使っている人もサービス利用を継続してくれる可能性があり、それがひいてはGoogleにとって利益となるからです。

 

Googleコアアップデートを行う理由

 

Googleの検索結果画面に表示される情報が、ステルス広告やある企業の商品をひたすらに宣伝するものであったり、怪しいコンテンツへ誘導するようなものであったらどうでしょうか?ユーザーはGoogleを使わなくなり、その他の検索エンジンに移動していってしまいますよね。

そのためGoogleは、前項の思想観念に基づいて、ユーザーにとって価値のあるコンテンツや情報がより検索結果画面の上位に表示されるような選別のコアアルゴリズムを日々更新していく必要があるのです。

その更新はいかに良質で価値のあるコンテンツであるかを見分けるためのものだけでなく、悪質でユーザーを間違った方向に誘導するようなサイトを追放していくようなものも対象になっています。

アップデートの中には、検索順位を大きく変えるような大幅なアップデートも存在するため、その際には重大なアップデートとしてリリースされるようになっていて、今回2020年12月4日のアナウンスもコアアップデートとして発表されたものでした。

 

Googleコアアップデートの更新内容

 

Googleコアアップデートの中身はどのようなものでしょうか?

結論として、2020年12月4日のコアアップデートの詳細は公表されていません。しかし、そのヒントとなる情報が2019年のアップデートが公式サイトで発表されているので、その内容を元に今回のアップデートを考えていきたいと思います。

 

過去のGoogleコアアップデート

 

2019年のGoogleコアアップデートで発表された情報は以下の3点です。

 

  • コンテンツに注力すること
  • コンテンツの品質(EAT)について
  • これら改善するポイント

 

コンテンツに注力すること

 

コアアップデートで評価されるものは、ページのコンテンツ(内容)が良いものです。

コンテンツがいい条件は様々ありますが、分析や調査をもとにしていて網羅的に説明しているか、そして独自性のあるものであるか、また独創的な視点を添えているかというような基準を設けています。

さらに専門的な内容であるか、信頼性のある情報を提供しているかといったものや、記事やサイトコンテンツの誤字脱字や丁寧に作られているかといったことも評価されるポイントになります。

 

コンテンツの品質(EAT)について

 

コンテンツの品質に関しても重要な指標としてE-A-Tという基準があります。

 

 EATとは

E-A-T

 

E(Expertise):専門性

A(Authoritativeness):権威性

T(Trustworthiness):信頼性

 

このE-A-Tの基準を重視したコンテンツを提供することが記事やサイトコンテンツの品質向上のための方法になります。

具体的なE-A-Tを遵守したページ作成の方針としては、ページ内で記事を作成する際に参照した大元のコンテンツへの参照リンクや、逆に権威性のある人からのリンクを得るといったことが考えられます。

 

これらを改善する方法

 

Googleの品質評価方針に従ってページやサイトを改善する必要があります。

例えば、ページの内部リンクの内容がページと相関性があるものであるかだったり、E-A-Tの基準でページコンテンツを見直すなどが考えられます。

また、注意点として、Google検索公式サイトで、改善した場合でもその改善が反映されるまでは次のコアアップデート、つまり数カ月後でしか反映されない可能性があるといっています。

しかしアルゴリズム自体は日々細かいアップデートがあるため、引き続きコンテンツの改善は必要ですね。

 

Googleコアアップデートの更新内容(2020年12月)

 

今回のコアアップデートに関しても、大幅な評価基準は変更されていないようですが、実際の記事執筆者やブロガーさんたちへの影響から分析していきたいと思います。

 

マナブログ(マナブさん)への影響

 

マナブログの主力コンテンツであると考えられるプログラミング学習に関する記事がどう変化したでしょうか。

今まで「プログラミング学習 始め方」で検索1位に常になっていましたが、コアアップデート後の12/5時点で検索順位は変わらず1位でした。

 

Googleコアアップデート後のマナブログサイトへの影響

 

これだけを見ると、現状1位で権威性のあるブロガーの順位は落下しないという事実だけわかりました。

 

ヒトデブログへの影響

 

同じく有名なブロガーであるヒトデブログへの影響はどうだったでしょうか?

実際にコアアップデート後の影響についてヒトデさんが以下のような発信をされていました。

 

 

つまり、上記からわかるのは、個人ブロガーで権威性のあるブロガーは、検索エンジンで評価されやすくなった可能性がある、といえますね。

 

まとめ:今回のGoogleコアアップデートで大きく順位変動する可能性がある

 

今回はGoogleコアアップデートの最新情報と、12/4のコアアップデートを受けて、どう順位変動する可能性があるかを考えてみました。

自身のWebサイトでは、GRCというツールやGoogle Search Consoleというツールを使って順位を見ることができるので、変動前後の検証をしてみることをおすすめします。WordPressを使っている方は、サイト分析に必要なGooogleアナリティクスの連携や、順位計測のGooogleサーチコンソールとの連携方法の記事もご参照ください。

 

最後に、Googleのコアアップデートでランクを落とした方で無料ブログを使っている方には、WordPressブログへの変更をおすすめします。WordPressブログには無料ブログにはないSEO対策に最適にカスタマイズできる機能が備わっているからです。

実際に、無料ブログとWordPressはどっちが良いか比較した記事や、具体的に始める方法を解説した初心者向けのWordPressの始め方の記事もぜひ参考にしてみてください。

 

記事をキーワードで検索

-初心者向け

© 2021 HIDESUN BLOG