Webマーケティング

Webマーケティングはやめとけ?Web業界に向いていない人の5つの特徴

Webマーケティングはやめとけ?Web業界に向いていない人の5つの特徴

SNSや体験談の記事では、「Webマーケティングはやめとけ」という批判的な意見もあるようです。それは本当ですか?結論から言うと、それは完全な間違いです。

Webマーケ業種に懐疑的な目を向ける人たちは、Webマーケティングの仕事に対して個人的な不満を持ち、このような発言をする傾向にあります。問題なのは、こういった発信が、根拠のない事実に基づくということ。

しかし実際に、経験者の中にはWebマーケティング業界が合わなかった人たちもいます。今まで多くのWebマーケターを見てきて、Web業界に向いていない人の特徴が共通していることが分かりました。

Webマーケター仲間の相談に乗る中で気づいたことは、転職や辞めたいと考えている人たちは、皆同じような性格や価値観を持っていたということです。

本記事では、8年以上にわたってWebマーケティング業界に身を染めた経験から、Webマーケティングに向いていなかった人の傾向を分析していきましょう。

Webマーケティングはやめとけと言う人の3つの不安

なぜWebマーケティングはやめた方がいいという意見があるのでしょうか?そのような批判的なものは、ほとんどが個人的な環境や不遇によって発信されるものです。SNSやWebマーケで転職したブログなどの内容を元に、具体的な内容を見てみましょう。

1. Webマーケティングの仕事がしんどいという辛さ

Webマーケティングの仕事がしんどいからやめとけと言う人

Webマーケティングの仕事が、具体的に何をすることなのか分からないため、何となく大変そうだと感じる人もいるようです。電通などの広告代理店のイメージが先行して、忙しそうだと思うのも理解できます。

現在のWebマーケティング業界を知らない方のために言うと、過去の激務であった時代はもう終わりました。今まで業界にあった、テレアポなどのきつい営業や、多くの企業アカウントの広告運用などは、ほとんど自動化されるようになっています。

Webマーケティングの仕事がつらくなる一番の原因は、身を置いている環境です。Webマーケティング事業者には東証一部上場企業から、フリーランスまで多く存在します。

この中で、ベンチャー企業の中でも小さい会社や独立した個人事業主などのWebマーケターは、多くの仕事を抱え込む性質上、業務が多忙になりやすいのです。こういったマーケターは、Webマーケティングはやめとけというようなネガティブな発信が多いように見受けます。

Webマーケティングがしんどい時の対処法の一つに、すぐに辞めて転職することをおすすめしています。特に小規模なベンチャーなどにいたWebマーケターは、スキルが高い方も多いため、他の少し大きな企業では貴重な戦力になるからです。

2. 未経験からの入社は年収が低いことがある

僕は元々文系の大学を出て、未経験から新卒でWebマーケティング会社に就職しました。確かに、このように未経験からのWebマーケティング職の場合、年収は低くなる傾向にあります。

実際に、僕も新卒だったこともあり、大卒としては年収は平均かそれより少し低いくらいでしたね。

未経験であるがゆえに、年収がやや落ち込んでしまうのも無理はありません。会社としては、未経験で採用する代わりに、教育コストを見据えなければいけないからです。

逆に言えば、Webマーケティングでは高いスキルが必要になるため、中途や経験者が採用される場合には、育成の手間やコストも掛からず、その分年収を高くなるという仕組みです。

もしもWebマーケティングに未経験で就活や転職をしたいという方は、初めのうちはこういったデメリットあるかもしれないと理解しましょう。

僕は、この不安要素を理解しながらも、「Webマーケティング業界は今後確実に需要が伸びる」と予想して、初めの自己投資として未経験でのWebマーケ配属を希望しました。

3. マーケティングの仕事がなくなるという将来性の不安

Webマーケティングの仕事はなくなるのか?という将来性を予測した記事を書きました。結論から言うと、Webマーケティングは最も将来性のある職種です。

今の時代を改めて俯瞰してみると、コロナ流行でオンラインでの仕事が当たり前になり、企業はWebマーケなどのデジタルトランスフォーメーション(DX化)を余儀なくされました。

企業は今になって、今まで全く手を付けてこなかったITやWeb領域を補うように、デジタル人材を躍起になって採用し始めています。そのため、今はWebマーケターは売り手市場になっているというのが実情です。

ポジショントーク抜きにしても、Webマーケティングの仕事は絶対になくなりません。以下のグラフを見てください。これは、Webマーケティングの中でも最も主要な手法であるWeb広告と、TV広告を比較した時の、年間の広告費の推移です。

TV広告とWeb広告の広告費の年間推移を比較

通常のTV広告は年々広告費が減少しているのに対して、Web広告の広告費は年々安定的に増加しているのが分かるでしょう。

これが意味していることは、Web広告などのWebマーケティング市場が伸び続けていて、その他のマスマーケティングなどの分野が縮小してきているということですね。

AIや人工知能の技術が人間の仕事を奪うと言われ始めたのは2015年くらいです。その時から5年経った今でも、Webマーケ業界の市場は絶え間なく成長しているのです。

このような明確なデータを知らない方は、Webマーケティングの仕事はなくなるのではないかという不安を抱くのでしょう。Webマーケなどのデジタルマーケティングの領域は、今後100年以上は衰退しない分野であると確信しています。

Webマーケティング業界に向いていない人の5つの特徴

Webマーケティングはやめとけと言っている方々は、あまり最近のWeb業界について深く内情を知らないような方が多いようです。

しかしながら、Web業種自体はおすすめできる産業なのですが、確かにある一部の方にとっては馴染みづらいこともあります。ここでは、今まで8年以上、数多くのWebマーケターを僕が見てきた中で、こういったタイプの方はWeb職に合わないな、と感じた人の傾向を見ていきましょう。

1. 最新のトレンドに一切興味がない

Allbirds」という海外発のスニーカーブランドをご存知ですか?このブランドは元々、アメリカのサンフランシスコで立ち上がったスタートアップシューズブランドでした。

アメリカのタイム誌が「世界一快適」な履き心地であると称賛したシューズで、あのハリウッドスターであるレオナルド・ディカプリオ氏も出資しているテック系ブランドでもあります。

Allbirdsは履き心地だけでなく、環境にも優しい素材を使用しているという環境配慮面も訴求したことで、SDGsの流れを重視する日本へのマーケットフィットも成功させました。

allbirds

Allbirdsのマーケティング戦略から学べることは多くあります。世界中で最も影響力のあるNIKEやアディダス、VANSといった力強いブランドがある中で、2016年に立ち上げたallbirdsは、時価総額14億ドル(1,500億円ほど)のユニコーン企業になったのです。

ミニマルでスタイリッシュなデザインや、製品にサステナブルな素材を使っていることが、現代の若者の価値観にマッチしました。このブランドイメージを打ち出すことは、Allbirdsブランドを立ち上げた時から練られていた、市場調査に基づく企業戦略です。

マーケティングの世界では、こういった市場の潮流や最新のトレンドをいち早くキャッチして、商品のメッセージを届けることが大切です。そのため、「今何が流行っているのか」といったことに興味がないと、マーケットを理解することは難しくなるでしょう。

僕の経験談としても、未経験でWebマーケティングを学び始めた時、GoogleとYahoo!広告がWebマーケの主流でした。しかし、すぐにInstagram広告やTikTok広告などのSNS広告が出てきて、一辺倒なマーケティング手法では通用しなくなっていったのです。

逆に言えば、ミーハーな人や、流行に少しでも関心がある人は、Webマーケターに向いているでしょう。

2. 成長ではなく安定だけを重視する

Webマーケティングとは、「Webを使って売れる仕組みを作る」ことです。言い換えると、Webマーケターの仕事は、こういった売れる仕組みを考えて、売り上げを上げるということですよね。

企業は成長しなければいけないため、戦略的にマーケティングを考える必要があります。そこで、自社でITを使ったマーケティングが難しい場合に依頼する先が、まさに私たちWebマーケターになるのです。

つまり、会社の成長をWebマーケで支援する、というような仕事が多いため、安定のみを求める志向の人には、Webマーケティングはあまり向いていないかもしれません。

しかし一方で、ただ単に不安定であるという意味合とは少し違います。芸能界のアイドルやYoutuberなどは、一過性の波に乗ることができるか否かによって、伸びるか伸びないかが決まるような職業です。

Webマーケティングの場合は、そのようなトレンドに依存しません。通常マーケティングを実施する際は、綿密な市場調査やアンケート調査、企画と実行、改善というPDCAサイクルを回していきます。

  • P(Plan):計画を立てる
  • D(Do):実行する
  • C(Check):実行結果をチェックする
  • A(Action):改善する

このように、Webマーケターという職種では、計画から改善までを自分一人で見ていくため、地に足をつけたマーケティング計画に基づいて実施する仕事を行います。

そのため、Webマーケティング戦略を立てることをフレームワーク化して型にはめて行うことや、過去の事例を元に実施していくなどの再現性のある仕事が多いのです。

売り上げを上げる仕組みづくりを行うマーケティングは、ほぼ経営に近いような仕事にもなるため、独立してフリーランスになることもできます。不安定である裏返しとして、色んな可能性にチャレンジできるということですね。

3. イケイケのWebマーケター像を想像している

理想のWebマーケター像を想像している

電通の広告マン、キラキラ系のサイバーエージェント、Webマーケティングの仕事で想像するのは、そういった企業イメージのステレオタイプがあるのではないでしょうか?

実際は、そうである場合もあれば、そうでない場合もあります。Webマーケを目指す人たちは、ある程度流行に敏感な若手や、新しいことにチャレンジしたいという成長意欲が高いため、前述したような有名企業に集まる傾向があります。

しかし、ほとんどのWebマーケターは、一般的な広告代理店やマーケティング会社、中にはベンチャー企業へ就職します。

人気企業に入りたい、名前が有名なあの会社で働きたい、というネームバリューだけでWebマーケティング業界を目指すと、結果的に実現せずに落胆してしまうかもしれません。

お伝えしたいことは、Webマーケティングに会社のブランドは関係ありません。名前の知れている有名な会社ではできる仕事の幅が狭くなりますし、逆に無名な企業でも大企業のマーケティングを担当できることもあります。

Webマーケターという職種を考えている人は、理想像や先入観を捨てて、どういった仕事をするのかやWebマーケ業界の将来性などの、現実的な面に目を向けるようにしましょう。

4. 数字を見る仕事だけはしたくない

ドアノックでの営業、テレアポ、こういった仕事はいくら大変でも耐えられるけれど、数字を扱うような仕事だけは絶対にしたくない...。このようなタイプの方は、Webマーケティングの仕事に向いていないかもしれません。

Webマーケティングが他のマーケティングよりも優れている点は、データを根拠にして分析ができるという点です。

例えば、6月の第3週の日曜日だけ、ある靴屋さんのお店の売り上げが上がった要因を考えたいとしましょう。もしWeb広告を出している場合は、その広告が見られた数、クリックした数、実際に店舗に来た数まで、データで確認することができます。

ある靴屋さんのWebマーケティング分析の例

  • お店の広告を見た人の数は?
  • その広告をクリックした数は?
  • 実際に店に来店した数は?

上記それぞれのデータをチェックして、どの部分が一番良かったのか、また改善すべきポイントはどこなのか、といったことを数字をベースに考察していきます。

複雑な微分や積分といった高度な数学の知識は一切不要ですが、掛け算や割り算などの基本的な計算が苦手、という方は慣れるまで時間がかかるでしょう。

基本的には、上司から教えてもらったり、Excelソフトを使って自動的に計算できるようになったりするので安心して大丈夫です。しかし、計算をするだけでアレルギー反応が出るというような人は、Webマーケ職が本当に自分に合っているのか、今一度考えてみる必要があるでしょう。

僕の体験談として、元々は完全な文系大学出身で数学は苦手な方でしたが、新卒からの就業で未経験でもWebマーケティングはキャッチアップできましたよ。仕事をしながら学んでいくことが大切です。

5. 資格取得や勉強をしないと気が済まない

資格取得や勉強をしないと気が済まない人はWebマーケティングに向いていない

Webマーケティングを完璧に学んで習得するにはどうしたら良いですか?結論から言うと、Webマーケという仕事を100%座学で身につけることはできません

医者や弁護士、会計士などの仕事は、資格や勉強を通じて事前に学ばなければいけないことがほとんどです。このような職業の方は、専門的な知識や学問を教えることで、一般的な人を助けることが仕事だからですね。

Webマーケティングの場合は、知識だけをお客さんであるクライアントに提供することはほとんどありません。というのも、クライアントが求めているものは、知識よりも売り上げなどの成果だからです。

Webマーケティングとはどのような仕事をする職種なのか?具体的に見てみましょう。

Webマーケティングの仕事内容

  • Web上の集客:Web上にいるユーザーをどうやって集めてくるか、というWeb集客を考えます。具体的には、GoogleなどのWeb広告や、ブログやWebサイトのSEOマーケティングなどがあります。
  • Web上の接客:Webサイトにやってきたユーザーに、「サイトが見やすい、触りやすい」と感じてもらうようにサイトを改善すること。
  • リピーター獲得:またWebサイトに再来訪してもらえるように、リピート施策を行うこと。

上記が、Webマーケティングを担当するマーケターが、一日の中でやる一連の仕事です。資格勉強や独学があまり意味をなさないのは、学んだ知識が業務全てのパターンに使えないものだからです。

具体的には、ECサイト(ショッピングサイト)を扱うお客さんと、B to B(会社を相手にするビジネス)のお客さんとで、Webマーケティング戦略は全く異なります。このように、Webマーケの仕事は、実際の仕事を通じて実践的に身につけることでしか成長することができないのです。

例えて言うなら、自転車に乗る時をイメージしてください。いくら事前に自転車の大きさや構造、進み方などをシミュレーションしても、実際に乗ってみないと乗り方は身につかないことは想像できるでしょう。

何度も言いますが、Webマーケティングは、仕事をしながら習得するスキルです。

参考書籍:とはいえ、Webマーケティングを事前に学習したい人もいるでしょう。不安な方は、僕が今まで数十冊以上読んできた中で、最もおすすめのWebマーケティング本を読んでみてください。

Webマーケティングは会社選びが大切【企業探しでおすすめの方法を紹介】

Webマーケティング職に就くのであれば、どの会社にするかはとても重要です。Webマーケティングという仕事は幅広いため、会社の規模や専門性などによって、担当する領域も変わってきます。

また、いわゆるブラック企業を見極めることも大切です。Webマーケティングはやめとけと言われる一番の理由は、Webマーケティングを売りにするブラックな会社に就職してしまうことがあるからです。

同じWebマーケティング会社でも、ブラック企業とホワイト企業を分別して、自分に合った働き方をしながらもスキルアップできる環境を選べるような千里眼を持っておきましょう。

Webマーケティングの会社選びをする方法

まずは、Webマーケティング会社と呼ばれる企業を3つに大別しました。それぞれの特徴をみてください。

  1. 広告代理店:電通や博報堂、サイバーエージェントなど、名のある広告代理店の中で、Webマーケティングを担当します。取引を行うお客様は、Webマーケで困っている一流の企業や中小企業であり、こういった会社のWebマーケ戦略をお手伝いするのが仕事です。
  2. 事業会社:自社で商品や製品を持っているような会社、例えば資生堂や花王、P&Gといった会社ですね。このような事業会社で、社内でWebマーケターとして、専任で働くキャリアもあります。売る商材は自社の製品のみになるため、扱える商品の幅は狭くなりますが、より深いマーケティングを経験できます。
  3. Webマーケティング専門会社:広告運用や企画、クリエイティブ制作など、Webマーケティングの中でもある部分に特化して専門性を持っている会社です。前述したようなWeb集客・Web接客・改善施策といったWebマーケティングの3つの流れがある中で、それぞれのWebマーケティング会社は「どの部分に強いのか」という点で自社の強みをアピールしています。

広告代理店は、Webマーケティングを全般的に行えるため、幅広くウェブマーケを経験できるでしょう。一方で、事業会社とWebマーケティング会社では、商品や手法に特化してスキルを磨くことができます。

このように、会社の特性を大きく区別することはできますが、ブラックかホワイトかを判別することは難しいです。

以下、優良なWebマーケティング企業を見極めるポイントも見てみましょう。

  • 設立からの年数:創業してからどれくらい経過しているかの年数を見ましょう。創立10年未満のいわゆるベンチャー企業では、人手不足からブラック体質になりやすい傾向があるので注意が必要です。
  • 従業員数:10人未満など極端に少ない場合には、一人当たりの業務負担が重いケースがあります。
  • 取引社数:取引社数や、広告アカウントの多さをアピールしている企業は要注意です。クライアントが多いということは、薄利多売のスタイルで労働集約になっている可能性があります。
  • 営業の仕方:営業職を積極採用していたり、営業力が強いなどを謳っている企業は、テレアポや飛び込み営業などの古いタイプの営業になっている場合があります。
  • 平均勤続年数:平均の勤続年数が短い場合は、すぐに離職する人が多いブラック企業の可能性があります。特に、非公開にしている場合は注意する必要があります。
  • 平均年収:平均年収などのデータが見れる場合は確認しておきましょう。Webマーケターは、年齢が若くても年収が高くなる企業が優良企業です。
  • 働き方:実際に話を聞かなければ分かりづらい部分ですが、事前に口コミサイトなどで勤務時間や残業時間などの傾向はチェックはしておきましょう。

上記が判断軸として重要なポイントになりますが、全てがその通りに当てはまるわけではありません。新卒の場合はOB訪問をしたり、中途の場合は転職エージェントに聞いたり、自分で情報を聞き出せるようにしましょう。

関連記事:LinkedInが発表した、2021年に働きたいと思う日本の会社ランキングでもWebマーケティングに強い企業がランクインしています。気になる方は参照ください。

最終的に:Webマーケティング職に向いてる人はたくさんいる

Webマーケティング職に向いてる人は多い

Webマーケティング職種に向いていない人は、極端に安定志向の人などのごく一部です。「Webマーケティングへの就職や転職はやめとけ」と言う人は、自らの偏った経験だけで発信している可能性が高いでしょう。

僕は文系出身でありながら、未経験から新卒でWebマーケティン業界に身を置いて、大手からベンチャーまで、いくつかのWebマーケティング企業を8年以上に渡って経験してきました。

そこで分かった明確な真実は、Webマーケティングではデジタルマーケティングなどの高度なスキルを身につけられ、市場価値が上がり、独立の可能性もある職業であること。そして何よりも将来性のある業界だということです。

本記事でお伝えしたかったことは、Webマーケティングに向いている人が実は大勢いるのに、不安や偏見が先立ってしまうことが多いという問題です。

Webマーケ業界は最も将来性のある産業の一つです。僕もそうしたように、未経験でも興味がある人は、Webマーケ業界に進んでみることをおすすめします。

既にWeb業界にいる方は、別のWebマーケティング会社に転職しましょう

以下全て登録無料です。

  • IT業界への全般的な転職相談:ITやWeb業界での転職では、会社ごとの特長を直接プロに聞いたほうが良いです。超鉄板で有名ですが、dodaがIT業界への最適な転職サイトです。
  • Webマーケティングに特化:Webマーケに絞って探すなら、マスメディアンが最もおすすめです。マーケの専門職を厳選して紹介してもらえます。

これから初めてWeb業界を検討している方は、未経験OKの就職サイトで探しましょう。

以下全て登録無料です。

  • 新卒でWeb業界を目指す方:新卒に特化した就職支援サイトIT求人ナビ 新卒が、Web業種を目指す全ての新卒におすすめです。
  • ITやWeb業界で良いのか?含めて相談:Webマーケティングの職種って自分に合うか?今後のキャリアはどうすれば?このような漠然とした悩みは、ポジウィルキャリアで無料相談しましょう。
  • 未経験の理系なら:理系の方は未経験でもWebマーケに馴染みやすいです。UZUZという理系キャリア専門サイトで未経験OKの求人を探せます。

記事をキーワードで検索

-Webマーケティング

© 2021 HIDESUN BLOG