Webマーケティング

Web集客の方法や種類とは?初心者でも分かるツールとサービスも紹介!

Web集客の方法や種類とは?初心者でも分かるツールとサービスも紹介!

オンラインでのコミュニケーションが普通になった今の時代、インターネットを活用したWebからの集客をしていきたい...。ほとんどの企業では、このような新たな集客手段を模索しているのではないでしょうか。

中でもインターネットを主軸にしたWeb集客で効率的に、そして大規模に新たな顧客開拓を始めることは、デジタルトランスフォーメーション(DX)が推進されている現代のどの企業にとっても必要な施策であることは誰もが感じていることだと思います。

 

本記事では、Web集客とはそもそもどういったことをするのか、またその方法や種類、実際に使うツールやサービスについてもご紹介していきます。

それでは、早速みていきましょう。

 

Web集客(ウェブ集客)とは?ホームページやサイトへ人を集めること

Web集客(ウェブ集客)とは?

 

Web集客(ウェブ集客)とは、インターネット上の様々なサービス通じてお客様(ユーザー)を自社へ集めていく集客方法のことです。Google検索などの検索エンジン、SNS、Youtubeなどの動画メディアなど、さまざまなネットワーク上からお客様を連れてくることができるようになっています。

スマートフォンの普及によって、今ほとんどの人々がインターネットの接点を持っているため、このようなWeb戦略で集客することが必要不可欠な手段として活用が迫られています。

Web上へ集客する手法や種類など、日々多くアップデートされていくため、その情報が陳腐化しないように感度を高くアンテナを張っておくことが重要です。

 

Web集客(ウェブ集客)の特徴とメリットとは?

Web集客(ウェブ集客)の特徴とメリット

 

Web集客の特徴とメリットは、費用対効果が高いことと、Web上で多くのリーチにアプローチすることができることです。

まず費用対効果が高いことについてですが、Web集客であればコストをかけずに始められ、インターネットという拡張性の特徴からオフラインよりも長期的に多くの効果を期待することができます。またWeb上で魅力的なページを作り、良質なコンテンツを継続的に発信し続けることができれば、新規顧客へのアプローチだけでなく、既存顧客の再訪問を促すことができるなどの特徴もあります。

また、チラシやマス広告など、オフラインでの集客手段もありますが、オンラインであればインターネットを使うあらゆる人々とつながることができるため、今までコンタクトのなかったユーザーとの接点を持つことができます。

 

Web集客(ウェブ集客)の方法や種類は大きく5つ

Web集客(ウェブ集客)の方法や種類

Web集客の種類とその方法は大きく分けて以下の5つあります。

  • 自然検索(オーガニック検索)からの集客
  • 有料検索などの広告(Paid Search/Display)からの集客
  • SNS(ソーシャルメディア)からの集客
  • 外部サイト(アフィリエイト、被リンク)からの集客
  • 直接的な(Direct)集客

それぞれ見ていきましょう。

1. 自然検索での集客

自然検索による流入からできる集客です。自然検索とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、ユーザーが普通に検索した時に表示される記事やサイトなどのことを指します。「ググる」、「Yahoo!検索」など私たちがまず情報を探す際に頻繁に使うものなので、一番馴染みのある集客の入り口となります。

自然検索でより多くの人に見てもらうためには、検索結果画面でより上位に表示されるための戦略が必要です。その戦略をSEO(検索エンジン最適化)マーケティングと言い、人々の日々の検索行動からの貴重な集客です。

2. 有料検索やディスプレイなどの広告流入

Web広告とは、有料で広告を出すことで、その広告から集客する方法のことです。さまざまな広告手法がありますが、有名なものでは検索連動型広告(リスティング広告)という「有料検索広告」や、「ディスプレイ広告」という手法があります。

有料検索広告とは、GoogleやYahoo!で検索した際に、一番上から3つ目くらいまでに表示される記事やWebサイトで、それらは広告枠として固定されています。普段意識していないと気づかない方もいるかもしれませんが、ステルス広告ではありません。有料検索広告の記事やサイトはその左側に「広告」という表記が付記されていて、自然検索のものと区別できるようになっています。これらの有料検索広告は、クリックされるたびに課金されるようになっているクリック課金の形式をとっています。

ディスプレイ広告とは、記事やサイトを閲覧しているときに、時々見るバナー画像やGIF画像、動画などの形式で現れる広告のことです。記事やサイトを見ている最中に現れる広告なので、見ているコンテンツに近いジャンルや関連性の高い広告が選ばれて出されています。

3. SNSからの呼び込み

今やTwitterやFacebookなどのSNSからの流入も欠かせません。自社のサイトや記事へ集客したいときに、SNSを活用した発信から、そのSNSに興味を持ってくれたユーザーを集客することができます。スマートフォン利用者の約半数がSNSを積極的に使っている時代なので、SNSからの集客経路を持っておくことはとても重要になっています。

4. 外部サイトからの誘致

自社へ集客する際に、他のサイトからの力を借りることも重要です。自社のサイトへお客様を集客するために、例えば他のサイト(仮にサイトAとする)上で自社サイトの記事やコンテンツへのリンクを入れてもらうことで、サイトA上に来たユーザーが自社サイトへ流れてくることが期待できます。サイトA上にリンクをつけてもらうためには、自社のサイトのコンテンツが情報として価値が高いことや、単純に成果報酬という形でお金を払う(アフィリエイト広告)ことが必要です。

5. 直接の来訪

ブラウザ上のお気に入りやブックマークに登録された上で、直接そこから流入することもあります。まずは一度自社のWebサイト上へ訪れてもらう必要はありますが、そこでユーザーの価値のある情報やコンテンツだったときにお気に入りやブックマークされ、その後直接流入することが期待できます。

このような直接流入は自社サイトに対して何かしらの強い関心やもしくはファンになっている可能性も高いので、流入価値として高いユーザーであることが見込まれます。

このように、Web集客には大きく5つの手法がありますが、このようなWeb集客を仕組みで作っていくことがWebマーケティングの基礎的な考えです。

Web集客(ウェブ集客)のためのツールやサービスは大きく3つ

Web集客(ウェブ集客)のためのツールやサービス

それでは、実際にWeb集客をするためにはどのようなツールやサービスを使えば良いのでしょうか。それは大きく以下の3つが挙げられます。

  • 自社サイトやホームページを作るための、WordPressやネットショップ
  • 集客を加速させるための、Google広告やYahoo!広告など有料広告
  • SNS(ソーシャルメディア)を活用(無料でできる)

1. WordPressやネットショップ

まずは、Web上で集客するための、集客先となるWebサイトを作る必要があります。このサイトやホームページ制作はどのような手段でも良いですが、最も一般的なのはWordPressでブログやサイトを開設することです。

そのほかにも、ECであれば手軽に始められるBASEというサービスやSTORES.JP、既存の大きなモールであるAmazonや楽天市場にネットショップを開くなどの手段もあります。

自分で一から開設することは難しいかと思いますので、ホームページ制作会社やネットショップ開設のプラットフォームを活用するなどしていきましょう。

2. Google広告やYahoo!広告など有料広告

Web集客を最も早く加速させるのに、Web広告を使うことがおすすめです。

Google広告であれば、課金をすることで検索結果画面の上位に自社のサイトを告知することができるので、より多くの流入が期待できたり、他のサイトを閲覧しているユーザーに広告を出したりすることができます。

また、FacebookやTwitter、YouTubeにも広告枠があるため、それらのユーザーの多いメディアに対して広告を出すことも有効な手段です。

3. SNS(ソーシャルメディア)

SNSを活用した集客は、お金をかけずに無料でできるため、一番手軽に始められる集客手法だと思います。

SNSで自社アカウントを作成し、自社の商品やサービスに関するプロモーションや、それに関連する価値のある情報を発信するなどができます。

このような形でSNS上で築いたファンを自社サイトへ導くことで、検索エンジンやその他のサイトで触れる機会のなかったユーザーへアプローチすることができます。

まとめ:サイトやホームページへのWeb集客(ウェブ集客)の方法はたくさんあります

今回ご紹介した、Web集客の5つの方法以外にも様々な集客方法があり、また集めたいユーザーやターゲットによって使う手法は異なります。自社にあった集客方法を探すためにWebマーケティングのコンサルティングを受けたり、もしくは本や各種メディアから情報を収集したりすることも良いでしょう。

最後に、Webマーケティングについて外注や委託でいきなり丸投げしてしまうことをおすすめしていません。Webマーケは難しい領域だからこそこのような安易な判断になってしまうのを防ぐために、Webマーケティングを広告代理店に頼むと失敗する3つの理由を知りましょう。

しかし、Web集客などの知識を自分で独学したいという方は、Webマーケティングの書籍3選で選別した、おすすめWebマーケ本で学びましょう。

Webマーケティングの未来予測

Webマーケティングの仕事はなくなるのですか?Webマーケティングの将来性と未来を予測しました。Webマーケが今後どういう面白い世界に変わっていくか、一緒に考えてみませんか?

記事をキーワードで検索

-Webマーケティング

© 2021 HIDESUN BLOG