WordPress

ConoHaWING(コノハウィング)の評判2021!速さや料金を徹底検証したレビュー

ConoHaWING(コノハウィング)の評判やメリット・デメリットを検証|2021年版

ConoHaWING(コノハウィング)とは、日本国内で最も速いと定評のある有名なサーバー会社の一つです。個人がWordPressを始めるのはもちろんのこと、ビジネス利用の法人も多く利用しています。

ConoHaWING(コノハウィング)は「国内最速」であるという評判をよく聞くかと思いますが、実際はどうなのでしょうか?ConoHaWINGは速さだけでなく、価格や料金プラン、パフォーマンス、カスタマーサポートなど十分な機能を提供しています。

しかし重要なのはご自身にとって、ConoHaWINGを選ぶことが本当に良いのかどうかです。完全なレビューと口コミをまとめた本記事を参考に判断してみましょう。

当サイトが検証するサーバーの評価基準は、以下のとおりであることを事前に公表します。

  • 信頼性:運営する企業としての信用や導入実績が豊富か。多くのアカウントユーザーやがいるほど、信頼性は高くなります。
  • 表示速度:実際にWebサイト(WordPressブログ)の速度はどれくらい速くなるのか、当サイトが他サーバー会社から移行した前後のデータで比較検証します。
  • 稼働率:稼働率とは、文字通りサーバーが実際に動いている割合です。実はサーバーには一時的に停止してしまう瞬間がありますが、業界水準として求められているのは99.99%以上の稼働率です。
  • 機能:管理画面や使いやすさはもちろんのこと、WordPressブログを運営していくのに十分な機能が揃っているか。
  • 問い合わせサポート:24時間対応のカスタマーサポート体制が整っているか、またメールだけでなく電話での問い合わせにも対応しているか。
  • 価格(料金):他社サーバーとの料金を比較して、他サーバーなど全体で見た時にどのような価格設定をしているか、割引きプランやクーポンなどを用意しているか。

本記事では、上記内容の全てを詳細に分析して紹介していますが、以下にConoHaWINGのレビュー結果をまとめます。

ConoHaWINGのレビュー結果
総合評価S
平均ローディング時間3計測ツール平均1.11秒(高速)
7日間平均稼働時間100%(Statuscake計測)
無料独自ドメインあり
SSL化あり
かんたんWordPress作成あり
カスタマーサポート24時間/電話・メール・チャット
価格標準(かつ割引きあり)
口コミA

結論から言うと、上の表のように、ConoHaWINGでWordPressサイトを構築した時の、表示スピードや稼働率、機能性、カスタマーサポート、価格面で最高水準であるという評価になりました。

また、以降を参照することで、実際の詳細なレビュー結果とその具体的なデータを元に、ご自身でも総合的に判断できるようになるでしょう。

お得な割引きキャンペーンの情報

  1. 2021年7月5日(月)12時まで、ConoHaWINGの月額料金が最大36%OFFで使える「Early Summer キャンペーン」が開催中です。
  2. さらに、当ブログ限定の500円OFFクーポンがあります。ConoHaWINGでWordPressを開設したい方は、初心者向けのConoHaWINGでのWordPressの始め方という完全ガイドを参照してください。クーポンはこの記事内で紹介しています。

ConoHaWING(コノハウィング)とは?その特長について

ConoHaとは、2013年にサービスを開始した日本で最も有名なホスティングサービス(サーバー)の一つです。運営企業はGMOインターネット株式会社であり、1991年設立の東証一部上場企業でもあります。より速く、簡単に、快適に使えるインターネットサーバーを作るために、ConoHaWINGサービスは始まりました。

ConoHaWINGはサービスを開始してからWordPress構築を高速で行えるテンプレート提供を始め、CentOSやKUSANAGI for ConoHaなどの実行環境も開発してきました。

2021年現在では、登録アカウント数が30万アカウントを突破し、作成されたサーバー台数は80万台を超えています。

ConoHaWINGで作成されたサーバー台数

ConoHaWING最大の特長は、「国内で最速」のスピードを誇ることと、高性能かつ安定性も高いということです。

この国内最速というデータは、国内シェア90%を占める他のサーバー会社トップ10サービスと「Apache Bench」ツールで比較した結果であることを公式サイトで明言しています。

さらに、2021年のブランドイメージ調査で「ブロガー・アフィリエイターが使いたいレンタルサーバー」「WordPress利用者満足度」「サポートデスク対応満足度」でNo.1を獲得しています。

2021年2月期ブランドのイメージ調査のNo.1実績

2021年現在、WordPressサイトの表示が最も速く、かつ信頼性と安定感も求めるなら、間違いなくConoHaWINGが他のサーバーから群を抜いていると言って良いでしょう。

ConoHaWING(コノハウィング)にするメリットとデメリット

どのようなサーバーにも、長所と短所が必ずあります。冒頭でピックアップした基準である、速度や稼働率、価格面などを比較することで、それらの良い面と悪い面を見ていくことが重要です。

結論から言うと、ConoHaWINGの短所として挙げられるのは、価格面くらいしかないということです。しかしお伝えしたいことは、インターネット上のWebサイトを動かす重要なエンジンになるサーバーという世界では、「安かろう悪かろう」は真実です。WordPressが重い原因は、サーバー速度の要素が最も大きいため、ある程度のコストは必要です。

特筆すべき、ConoHaWINGを導入するメリットとデメリットは以下のとおりです。

ConoHaWINGにするメリット

  • 信頼性:30万アカウント以上の導入実績と80万というサーバー台数という、明確な数字を公表しており、さらに運営会社が東証一部であるバックグラウンドも信頼できます。
  • 表示速度公式サイトで『国内最速』を明言しています。同時大量アクセスに対応できる高性能なWebサーバー「nginx」とオールSSD RAID10というストレージを採用しており、アクセス集中時でも高速処理が可能になっています。さらにHTTP/2とPHP7(PHP5より2倍高速)にも完全対応しており、FastCGIより20%高速なLiteSpeed LSAPIを利用できます。
  • 稼働率:月間稼働率(月の中で停止せず正常に動いている割合)は99.99%以上のサービス品質を保証しています(SLA保証)。当サイトの計測データでは、稼働率100%の実計測データとなりました。
  • WordPressスターターキット:通常WordPressを立ち上げるのには、サーバーとドメインが別々で必要ですが、WordPress作成までを一つのパッケージで丸々完了させることができます。ドメイン名を決めて最短10分もあればWordPressが作れます
  • 機能:管理画面が非常にシンプルで初心者でも使いやすく、WordPress簡単インストールサービスなど使える機能が充実しています。
  • カスタマーサポート:24時間対応のカスタマーサポートを備えており、電話対応・メール・ライブチャットのどれも対応しています。
  • 独自ドメイン無料取得:独自ドメインを2つを永久無料で取得することができます。通常ドメイン取得には料金が発生しますが、特別な追加課金なしでWebサイトを作成できるということです。
  • 無料独自SSL:Webサイトのセキュリティ強化のためにはSSL化(https形式で暗号化する技術)が大切ですが、これをデフォルトで発行することができます。
  • 初期費用無料:サーバーを導入する際は通常導入費用として初期費がかかる場合がほとんどですが、ConoHaWINGは初期費用は一切かかりません。

速度や稼働率はサーバー自体の機能として多くの人が意識するポイントではありますが、カスタマーサポートも重要です。サーバー導入でトラブルがあった際には、専門的なアドバイスや相談を迅速に対応してもらえる窓口が必要だからです。こういった点から、当ブログでもConoHaWINGをおすすめのWordPressサーバー5選の中で一番に選んでいます。

ConoHaWINGにするデメリット

  • 利用料金:サーバー月額費は、業界水準と比較して標準的かそれ以上の価格です。しかし、頻繁にキャンペーンを開催しているため30%ほどの割引き価格で導入することができます。
  • 利用プラン:「ConoHa」とはブランドネームであり、レンタルサーバーの「ConoHaWING」以外にもVPSやWindowsServerといった違うサービスも提供しているため、プランごとの違いが複雑に見えます。
  • サイトジャンル制限:アダルトサイトは運営が禁止されています。

サーバーとしての品質が高い一方で、利用料金は他社サーバーと比較してほぼ同水準の価格です。また、様々な利用プランのオプションを用意しているため、ユーザーが自分にあったプランを適切に選ぶのにやや苦労するかもしれません。

ConoHaWING(コノハウィング)のパフォーマンス計測テスト

サーバーを選ぶ上で最も重要なのが、Webサイトの表示速度です。インターネット環境が改善され続けている現代では、サイト表示がスムーズかどうかはユーザーエクスペリエンスに関わる重要なポイントです。

特に、GoogleのSEOにおいては、ページの表示スピードは重視すべき指標とされています。Google検索結果の上位表示させるためにはページ内滞在時間、つまりいかに離脱させないかが重要になるからです。

最新の調査結果では、ページ読み込み時間が3秒以内であった場合には11%しか離脱しないのに対し、3秒以上になると実に4人に1人がサイトを離れてしまうというデータが有りました。1秒遅くなるごとに、約10%の離脱者が増えていくと考えてください。

ページ読み込み時間と離脱率の関係
pingdom site speed bounce rate

さらに気をつけなければいけないのは、モバイルでの表示速度です。Webサイトをスマホ端末でブラウジングすることが多くなってきたため、パソコン表示だけでなくスマホでの表示スピードが最適化されているかも注意しましょう。

実際に、ConoHaWINGでの表示速度のスピードテストと、実稼働率の計測テストを実施しました。

ConoHaWINGの表示スピードテスト

ConoHaWINGでの表示速度を計測するにあたり、実際にConoHaWINGを導入している当サイトについて、表示速度計測ツールを使用しました。計測ツールは、Google PageSpeed Insights、Pingdom、GTmetrixの3つです。総合結果を見てみましょう。※Gtmetrixのみ設定できる最も近接地域である米国で測定

ConoHaWINGの表示速度計測テスト平均ロード時間
Google PageSpeed Insights0.7秒
Pingdom0.734秒
GTmetrix(Location: America)1.9秒
ConoHaWINGでの表示速度計測テストデータ
ConoHaWINGでの表示速度計測テストデータ(3ツールによる同時期パフォーマンステスト)

表示速度は最速で1秒未満での表示、そして最長でも2秒未満での表示結果となりました。

500万のサイト分析を行った調査結果では、平均の読み込み時間はパソコン表示で10.3秒、モバイルで27.3秒であるというデータがあります。この結果を踏まえると、ConoHaWINGがかなり高速表示であることが分かります。

しかし表示速度が高速なだけでは不十分であり、安定的な稼働の割合も重要な指標になるため、続いて稼働率に関するテストも検証してみましょう。

ConoHaWINGの稼働率テスト

稼働率に関しても同じようにテスト環境で実施検証していきます。使用するツールは、リアルタイムでの稼働率と過去数日間での稼働実績を元にして分析できる、Statuscakeを用います。

ConoHaWINGでの稼働率の計測テスト結果データ

Statuscakeでの過去7日間での稼働率の調査分析では、100.00%の稼働率という結果になりました。業界水準である99.99%の稼働率に対して、十分な実績データになっています。

また上の棒グラフは、読み込み時間のデータになります。特に大きな波や不安定なタイミングはなく、安定的なロード時間を保っていることが分かります。

このように、WordPressサイトが障害など重い時にWordPressが一時的に表示されない、いわばダウンタイムと呼ばれる時間がないということは、Webサイトを監視する上で非常に重要です。ConoHaWINGではトラフィックが多い障害などで重い時でも、不安な要素は少ないと考えて良いでしょう。

ConoHaWING(コノハウィング)のサーバープランと機能

ConoHaWINGには、簡単に使えるコントロールパネルという管理画面から、WordPressサイト運営に必要不可欠な機能の全てを揃えています。具体的な機能は以下のとおりです。

ConoHaWINGの提供機能

  • コントロールパネル(管理画面):初心者でも使いやすいダッシュボードでWebサイトの設定をブラウザから簡単にできます
  • WordPressかんたんセットアップ:サーバー契約からWordPressインストールまでをパッケージでまとめて設定できる
  • 無料のWordPressテーマ人気のWordPressテーマを無料で利用でき、有料テーマ(The Sonic、JIN、SANGO)も割引される
  • 自動バックアップ機能:毎日自動でデータをバックアップし、14日間のデータを復元可能
  • WordPress用プラグイン:表示速度に影響する自動キャッシュクリアなどのプラグインを標準装備できる
  • 無制限のメールとデータベース数:メールアドレスとデータベースの数は無制限で利用できます
  • 自由なプラン変更:コントロールパネルからいつでも料金体系を変えてプラン変更が可能です。※ただしWINGとVPS間でのプラン変更はできません
  • マルチドメイン:1台のサーバーで複数独自ドメインを設定可能(一つのConoHaWINGでWordPressサイトを複数作成可能)
  • 多数のWebフォント利用:モリサワWebフォントを33種類の書体でデフォルト利用できます
  • PHPバージョン切り替え:PHPバージョンを5、7、8で自由に切り替えができます
  • 強固なセキュリティ:IPアクセス制限やWAF(Webアプリケーションファイヤウォール)、SSL暗号化などの機能
ConoHaWINGの管理画面(コントロールパネル)

また、ConoHaにはサーバーの利用用途やコスト感によって選べる様々なプランを提供しています。サービスは、WING/VPS/WindowsServer、の大きく3つあり、それぞれの違いを見てみましょう。

ConoHaWING・ConoHa VPS・WindowsServerの違い

  • ConoHaWING:いわゆる通常のレンタルサーバーと呼ばれるもので、同じサーバー環境を他のWebサイトと共有しています。WINGとVPSとの大きな違いは、WINGにはコントロールパネルという初心者でも使いやすい管理画面があることです。
  • ConoHa VPS:VPSは仮想サーバーと呼ばれるもので、共有のサーバー環境でありながらまるで一つの専用サーバーを持っているように機能するものです。しかしWINGとは違い、管理画面などはなくコマンド操作が必要なため初心者向けではありません。
  • ConoHa WindowsServer:MacユーザーでもWindows環境を構築したり、作業データを残さず分離した環境で作業したい時に利用できるサーバーです。
ConoHa VPSの管理画面イメージ
ConoHa VPSのコマンド操作イメージ

ConoHaWINGとVPSの違いは、管理画面の使いやすさであると考えてください。ConoHa VPSでは、マルチゲーム用にマインクラフト(マイクラ)や、WordPress用にKUSANAGIといったテンプレートを利用して、WINGよりもさらに高速な環境を構築できます。

しかし、ConoHa VPSを利用する場合は、実際に導入したり管理画面を操作する際に、不自由で使いづらいというデメリットが有ることを理解しておきましょう。

ConoHaWING(コノハウィング)の料金と他社比較

ConoHaWINGでは、初心者でも選びやすいように、利用用途やデータ量に応じた異なる料金プランを用意しています。同じく有名でよく比較検討される、エックスサーバー(Xserver)と比較してみましょう。

サーバープランと料金を比較ConoHaWINGエックスサーバー
ベーシック(X10)1,320円1,100円
割引時約900円初期費用無料
スタンダード(X20)2,640円2,200円
割引時約2,200円初期費用無料
プレミアム(X30)5,280円5,280円
割引時約4,300円初期費用無料
ConoHaWINGとエックスサーバーのプランと料金比較(12ヶ月利用時)

上記価格表のように、ConoHaWINGはエックスサーバーと比べて、WINGパックという割引きプランでの料金がかなり安くなります。さらに初期費用が初めから無料(エックスサーバーではキャンペーン時にしか初期費用無料になりません)なのも特長です。

ConoHaWINGの料金プラン

それぞれのプランについて詳細に見ていきましょう。

  • ベーシックプラン:初心者に最もおすすめできるプランです。SSDギガ数や転送量が低いように見えますが、個人がWordPressサイトを運営するならこれだけで十分なスペックとなります。
  • スタンダードプラン:法人や会社用、ECサイトなどの大きなデータを扱う場合には、スタンダードプランを検討することができます。
  • プレミアムプラン:Eコマースの中でもデータ数が数万件など、膨大なクエリ処理を行う必要がある法人サイトの場合、安定した盤石なプランになります。

WordPressの利用料金は概ね月に1,000円~3,000円程はかかるため、ConoHaWINGには月額1,000円を切る料金プランがあるのは魅力的です。

このように、価格を含めた、表示速度や稼働率、信頼性、サポートなど重要なポイントで比較検証したおすすめのWordPressサーバー5選でも、ConoHaWINGが最も優秀であるという結論になりました。

ConoHaWING(コノハウィング)の評判

ConoHaWINGを実際に導入したユーザーは、良い口コミも悪い口コミも発信しています。ConoHa公式サイトでは、リアルな顧客の声を公開していないため、フィルターのかかっていないSNSからの意見を紹介していきます。

良い口コミとレビュー

良い評判1:エックスサーバーからConoHaWINGへのサーバー移行によるページスピードの改善

ConoHaWINGの良い評判1

エックスサーバーからConoHaWINGに切り替えたことで、ページスピードが大幅に改善したという評判がありました。データではGoogle PageSpeed Insights結果で表示速度31から82に向上しています。実際のところ、WordPressを高速化する最も簡単な方法は、速いサーバーに変えることです。

良い評判2:エックスサーバーよりConoHaWINGの方が安いためサーバー変更を検討しているという口コミ

ConoHaWINGの良い評判2

ConoHaWINGでは初期費用無料や申し込み初月が無料であり、さらに割引きキャンペーンを頻繁に開催しているため、エックスサーバーよりも安いという評判が多いです。価格の安さでもConoHaWINGを検討する方が増えてきた印象です。

良い評判3:ConoHaWINGが他のサーバーと比較して総合的に良いという口コミ

ConoHaWINGの良い評判3

WordPressサイト表示の速さ、料金の安さ、操作性やサービスなどを比較して、全体で見てNo.1であるという意見です。

良い評判4:モバイルとPC両方で速度が改善したという口コミ

ConoHaWINGの良い評判4

Google PageSpeed Insightsの結果では、モバイルでは33から43へ、PCでは68から91へ改善しています。前述したように、モバイルでのユーザーエクスペリエンスは重要です。

良い評判5:簡単な操作から専門的な操作まで可能であるという口コミ

ConoHaWINGの良い評判5

管理画面が使いやすく、WordPress立ち上げが簡単であると同時に、SSHによるサーバーを遠隔で操作できる点も魅力であるようです。

良い評判6:WordPressかんたん移行が便利であるという口コミ

ConoHaWINGの良い評判6

WordPressかんたん移行とは、サーバー移管と同時に数分でWordPressのサーバーを引越しできるサービスのことです。このサービスを使えば、ConoHaWINGのサーバーを契約した後すぐにWordPressを移すことができます。

良い評判7:エックスサーバーよりConoHaWINGの平均応答時間が安定するという口コミ

ConoHaWINGの良い評判7

サーバーの平均応答時間とは、WordPressサイトの前にあるサーバー自体の応答時間を指しています。つまりサーバー自体の反応速度ですが、Google Analyticsの結果で安定して速い状態になっていることが分かります。

良い評判8:他社サーバーと比較検討して選んだという口コミ

ConoHaWINGの良い評判8

ConoHaWINGは口コミの良さに定評があり、他の多くの著名人やインフルエンサーも推奨しています。料金の安さもあり最終的に選ぶ人も多いようです。

良い評判9:使える機能が充実している口コミ

ConoHaWINGの良い評判9

WordPressでは、バックアップやキャッシュといった重要なプラグイン(追加の拡張機能)を、後から一つずつ追加していく場合がほとんどです。しかし、ConoHaWINGではそういった機能の多くをデフォルトで搭載しているのも良いポイントです。

良い評判10:電話問合せサービスがおすすめであるという口コミ

ConoHaWINGの良い評判10

ConoHaWINGには、サーバー契約者が困った時に問い合わせできる、電話問い合わせサポートを用意しています。メールやチャットでも対応してもらえ、Webサイトやブログに関する的確で有料級のアドバイスをもらえます。

悪い口コミとレビュー

悪い評判1:WordPressを立ち上げるまで大変だったという口コミ

ConoHaWINGの悪い評判1

WordPressの初心者にはよくあることですが、初めは新しくWordPressを開設するのに苦戦する人はいます。正しく分かりやすい方法でWordPressを始めることが大切です。

悪い評判2:カスタマイズが難しいという口コミ

ConoHaWINGの悪い評判2

WordPressかんたんセットアップの設定はいくつかあるため、どの設定を行うべきかを知る必要があります。

悪い評判3:ConoHaWINGの自動更新に関する口コミ

ConoHaWINGの悪い評判3

ConoHaWINGの解約ができないというものです。ConoHaWINGを解約する時には、まずサーバー自体の自動更新を停止(OFF)にする必要があります。現在は、サーバー削除ができない、または自動更新が停止できないという問題は解消されています。

悪い評判4:カスタマーサポートに関する口コミ

ConoHaWINGの悪い評判4

ConoHaのサポートに電話がつながらないということがあるようです。ConoHaサーバーに関する問い合わせは、電話平日(10:00~18:00)、メール平日(10:00~18:00/問い合わせは24時間対応)、チャット平日(10:00~18:00)の時間帯でしなければいけません。また、WordPressにログインできないまたは表示されない場合はConoHaWINGサーバーの問題とは別にあります。

悪い評判5:ConoHaWING・VPSサーバーの障害で重いという口コミ

ConoHaWINGの悪い評判5

2021年1月初めに、ConoHaサーバー全体の障害が発生しました。これ以来一度も発生していないため、障害が多いというわけではありません。

評判まとめ:ConoHaWINGはほとんどのWordPress初心者におすすめできる

結論として、ConoHaWINGはどのサーバーよりも初心者向けに最適なサーバーであることが分かりました。

ConoHaWINGは、最近WordPressブログを始める多くのブロガーが最もおすすめするサーバーになっていますが、その理由は様々なポイントで比較された上で選ばれています。

特長として一番に挙がるのが表示スピードが速いということですが、管理画面の使いやすさやカスタマーサポートの充実なども特筆すべきメリットです。

以下は、ConoHaWINGでWordPressを始めた人たちの評判のまとめです。

ConoHaWINGの良い評判

  • 国内最速であり、他社サーバーより速い
  • 東証一部GMO運営で信頼がある
  • 管理画面(コントロールパネル)が初心者に使いやすい
  • 初期費用無料や割引きがあり料金が安い
  • 独自ドメインやSSLが無料で使える
  • カスタマーサポートが電話やメール対応で便利
  • 他社からConoHaへのサーバー移行後の口コミが良い

ConoHaWINGの悪い評判

  • WordPress立ち上げまでに苦労した
  • テーマ選びやデザインなど初めの設定が大変だった
  • 自動更新や解約手続きで困った
  • カスタマーサポートに電話がつながらないことがあった
  • 過去にConoHaサーバーで障害があった

ConoHaWINGでは予算に合わせて、初心者におすすめのリーズナブルな価格のプランからPV数が多いWordPressサイト用のプランまで、幅広いプランの中から選ぶことができます。それらはデータ量の扱いが異なるだけで、もちろんスピードはどれも最速です。

そして、ConoHaWINGでは30%OFF以上も割引きされるキャンペーンを定期的に開催しているため、もしも申し込む場合にはうまく特別価格を利用しましょう。

お得な割引きキャンペーンの情報

  1. 2021年7月5日(月)12時まで、ConoHaWINGの月額料金が最大36%OFFで使える、「Early Summer キャンペーン」が開催中です。
  2. さらに、当ブログ限定の500円OFFクーポンがあります。ConoHaWINGでWordPressを開設したい方は、初心者向けのConoHaWINGでのWordPressの始め方という完全ガイドを参照してください。クーポンはこの記事内で紹介しています。

記事をキーワードで検索

-WordPress

© 2021 HIDESUN BLOG